神谷浩史が立候補!?

写真拡大

 人気テレビアニメ「夏目友人帳」の第6期「夏目友人帳 陸」のトークイベントが3月25日、東京ビッグサイトで開催中の「AnimeJapan 2017」で行われ、声優キャストの神谷浩史、井上和彦、堀江一眞、木村良平、菅沼久義が出席した。

 緑川ゆき氏の人気漫画を原作に、妖怪を見ることができる高校生・夏目貴志が自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生とともに、祖母レイコに名を奪われた妖怪たちに名前を返していく姿を描く。

 「こんな『夏目友人帳』が見てみたい」というトークテーマから派生し、「10年後に『夏目』を製作したら」という話題があがると、ニャンコ先生役の井上は「やれる気がしない」と吐露。夏目役の神谷も「それ言ったらみんな」と同調し、「別の人が夏目貴志をやるんじゃないですか? そうしたら僕、ニャンコ先生やります!」と“二代目ニャンコ先生”に名乗りを上げる。司会から「世襲制なんですか!?」というツッコミが入ると、場内は大爆笑だった。

 さらに、「アフレコ中の珍事件」を問われた神谷は「髭剃り事件」と答え、収録の休憩中にドラックストアでカミソリを購入し、スタジオで髭を剃り始めた人物がいると“告発”。「スタジオ内でですよ!? そのまま何もつけずに剃り始めたんですよ!? びっくりしますよ!」と身を乗り出して主張すると、隣の井上は「そんな非常識な人がいるんですねえ」と目を泳がせる。神谷が、「いるんですよ。ねえ? 和彦さん」と“犯人”井上の顔をのぞき込むと、井上は「どうもすみません」と平謝りだった。

 「夏目友人帳 陸」は4月11日から放送開始。