ゴルフ界の「セクシークイーン」アン・シネ』

 現役選手2人、ゴルフ記者2人の覆面座談会で、注目のニューフェイス、女子プロのお金事情、禁断の恋バナが明らかに!

――女子ゴルファーのお相手は、やっぱりゴルフ関係者が多いの?

プロC 出会いが本当に少ない。知り合いの選手は出会い系に登録して、そこで知り合った人とつき合ってましたよ。休みは月曜の夜ぐらいだから、どうしてもゴルフ関係者が多い。だから、あの人の今カノはこのコで、元カノはあのコで、なんてこともよく……。

プロD 意外と貢ぎ体質のコも多い。私の友達の選手は、キャディさんとつき合ってるんですけど、ホテル代も交通費も食事代も、全部払ってるって言ってました。

プロC ホテルに彼氏を連れ込んでる選手はけっこういますよ。エレベーターで一緒になったりすると気まずいけど、視界に入ってないものとする(笑)。

記者A 昨季、話題になったあの女子プロとキャディはまだ続行中で、食事も買い物もいつも一緒。飲食店で僕たちと一緒になっても、まったく動じることもない。

プロD 私は愛人契約をオファーされたことがあります。ゴルフとは関係ない企業のオーナーさんでしたけど。「月に30万円でどう?」て。「部屋を取ってあるから」と言われたこともあります。もちろん、断わりましたよ。

記者B 女子プロ同士の恋の噂をよく聞くんだけど……。あれは本当? 噂だったある選手が1打差で試合に負けたときに、真っ先にお相手の女子プロを探して抱きついて、2人で抱き合ったまま泣いてた……。噂を聞いてたマスコミのあいだで、話題になりました。

プロC 私は口説かれたことが……。食事をしていたら、いきなり手を握られて「ずっと好きだったの」って。「一回だけダメ?」って言われたので「無理です」とお断わりしました。

プロD ボーイッシュな若手選手に、女子プロにモテるコがいますよ。さっそく三角関係の噂を聞きました。インスタを見てると、一緒にいる頻度とか距離感で、この2人は怪しい……って。

――女子プロたちのリアルな恋愛事情は、なかなか複雑そう……。そんな女子プロの気になる金銭事情は?

プロC 交通費、宿泊費、レンタカー代などを含めると1試合20万円ぐらいはかかります。キャディを雇えば、もっとかかる。なかなか厳しいです。

記者B レギュラーツアーにフル参加している選手は1000万円ぐらいかかる。主催大会の規模や選手によって変わるが、プロアマに出ると、5万〜10万円はもらえる。試合で賞金を稼げないプロは、オフのプロアマにたくさん出て稼ぐという話も聞いたことがある。

プロD 若い選手はゴルフのことばかり考えているので、アメリカがトランプ大統領になって、日本も変わるのかなって周りに話をしても「何か関係ある?」って感じです。時事ネタに疎いし、興味がない。それでもみんなが持っているのが、LPGAが契約しているホテルルートインのカード。このカードはPontaポイントが貯まるから、2万ポイントとか普通に持ってます(笑)。だから女子プロが使うコンビニは、Pontaポイントが使えるローソンが多いんですよ。

――ローソンに入って買い物をして、「支払いはPontaポイントで」なんて言ってる姿を想像すると、やけに親近感が湧いてくる。最後に今季の賞金女王候補は、ずばり誰?

記者B イ・ボミ(28)は今季も強いと思うが、申ジエ(28)は昨季、賞金女王を逃して悔しい思いをしたので、本気で狙ってくるはず。日本人では鈴木愛(22)、笠りつ子(29)あたりがライバルだが、賞金女王はイ・ボミと申ジエの争いになるのでは。韓国勢も、セクシークイーンと呼ばれるアン・シネ(26)、実力派のユン・チェヨン(29)が参戦する。2人とも、一年めから優勝するのは厳しいかもしれないが、ツアーは盛り上がるはずだ。

記者A 新人では、アマチュア時代も結果を出していた永井花奈が、ロケットスタートを切ればおもしろい。若手の森田遥(20)、堀琴音(20)の初優勝にも期待したい。毎年、ヒロインが誕生する女子ツアーは、今季も盛り上がり必至。開幕戦は美女だけでなく、裏話も想像して観てください!

(週刊FLASH2017年3月14日号)