アウディのフラッグシップ・サルーン「A8」のハイパフォーマンスモデルとなる、「S8」次期型プロトタイプをカメラが捉えました。

1

捕捉した試作車は、アウディ最新モデル「Q8」を彷彿させるヘッドライト形状、ワイドシングルフレームグリル、効率よく空気を取り込む大口エアインテーク、クワッドエキゾーストパイプ、そしてテールライト形状まで薄っすらと確認できる軽擬装です。

「A8」次期型と共有する「MLB Evo」プラットフォームを採用し、大幅な軽量化、燃費やパフォーマンスの向上も図られる他、ハイテク面では、自動運転システム「トラフィックジャムパイロット」の搭載も期待されます。

ハイライトは、そのアグレッシブなボディに搭載されるパワートレインです。 現行モデルの4リットルV型8気筒ターボエンジンから、ポルシェ「パナメーラ 4S」に搭載されている、2.9リットルV型6気筒ターボが有力とされています。実現すれば、最高馬力は550psまで向上すると思われます。

また、遅れて登場が期待される「S8 Plus」には、「パナメーラ ターボ」に搭載されている4リットルV型8気筒の搭載が予想されます。

ワールドプレミアは2017年9月のフランクフルトモーターショーが有力ですが、遅れれば2018年3月のジュネーブモーターショーとなりそうです。

パナメーラターボの心臓部を移植!アウディS8次期型は550馬力で9月デビューか!?(http://clicccar.com/2017/03/25/456852/)