大迫、やっぱりダメだった…負傷で日本代表から離脱

写真拡大

来週火曜日にタイ戦を控えるJFA(日本サッカー協会)は25日、今野泰幸と大迫勇也の2選手が代表チームから離脱したことを発表した。

JFAによれば今野は先にお伝えした通り「左第5趾基節骨骨折」で、大迫は「怪我のため」とだけ記載されている。

先日のUAE戦に1トップで起用された大迫はゴールこそ奪えなかったものの、質の高いポストプレーで勝点3の獲得に貢献。しかし、2点リードの終盤、相手選手と交錯した際に左膝を強打し途中交代を余儀なくされていた。

なお、2人に代わって小林悠(川崎フロンターレ)、遠藤航(浦和レッズ)が追加招集されている。

小林と遠藤は、本日17時30分から行われるトレーニングから合流予定とのこと。