北朝鮮の対韓国宣伝団体である朝鮮平和擁護全国民族委員会の報道官(スポークスマン)は24日、米国に対して「北侵戦争演習騒動を直ちに中止し、朝鮮半島とその周辺に引き込んだ先制打撃手段を全部持ち出さなければならない」とアピールする談話を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、「政治、軍事、外交、経済などの各分野にわたって包括的な対朝鮮政策案を検討しているとけん伝していた米国の新しい行政府が朝鮮に対する先制打撃案は除いているという世論を流している」と指摘。

つづけて、「これは、極端な対朝鮮政策案に対する内外の非難世論を静め、日ごとに激昂されている朝鮮の超強硬対応態勢を緩めてみようとする欺まん術策であり、先制打撃を実戦に移そうとする犯罪的悪巧みの発露だ」と主張した。

さらに、「米国の新しい行政府は、先制打撃が招く重大な結果を懸念する自国の悲鳴に耳を傾け、悲惨な運命を免れるための賢明な選択をする方がよかろう」と述べた。

そのうえで、「もし、米国が理性を失ってわれわれを先制打撃しようとするいささかの動きでも見せるなら、われわれの強力で威力ある核打撃手段は朝鮮式の攻撃的かつ先制的な核の強打で侵略と挑発の本拠地をことごとく焦土化してしまうであろう」と強調した。