台湾の2つの離島結ぶ航空路線、4月に復活  ユニー航空が金門−澎湖線開設

写真拡大

(金門 25日 中央社)ユニー(立栄)航空は4月1日、金門と澎湖の両離島を結ぶ新路線を開設する。金門−澎湖(馬公)線は以前はトランスアジア(復興)航空が運航していた路線で、同社が全便の運航を停止した昨年11月下旬以降中断されていた。

ユニー航空によれば、同路線は週3往復で運航。同社は金門経由で台湾各地と中国大陸・アモイ、泉州を結ぶ航空券とシャトルバス、フェリーをセットにしたプランを販売しており、新路線開通によって中国大陸客を澎湖に呼び込みやすくなるだろうと期待を示した。

(黄慧敏/編集:名切千絵)