土屋太鳳

写真拡大

 土屋太鳳が25日、都内で行われた映画『PとJK』初日舞台あいさつに登壇し、共演した亀梨和也が、“熱血”でおなじみの元テニスプレイヤー・松岡修造と同じイメージがあることをぶっちゃけて会場を沸かせた。

 初共演とあって互いの印象を尋ねられると、亀梨は土屋について「テレビで見たり、いろんな方から聞いた話し通りで、真っ直ぐで純粋で、人としてちゃんとしている方」と紹介。また、本作のプロモーションイベントなどを通して、「天然というか独特な空気感が魅力的だなとあらためて感じ、会うたびに人としてすごくきれいな気持ちになって帰らせていただいています」とうれしそうに語った。

 一方の土屋は、「クールな印象が強かったんですが、実際にお会いすると元気で優しくて面白くて、松岡修造さんに会った時と同じ衝撃を受けました」と驚き発言。それを受けて、亀梨がハイテンションで「どう? 元気ですか!?」と会場に呼び掛けると、土屋は「そんな感じです。面白くて元気な中に熱い心を持った方だな……と感動しました」とほほ笑んだ。

 さらに土屋は「すごい大先輩なので、わたしが相手役でいいのかなという迷いもあった」と不安も打ち明けると、突然「感謝を伝えてもいいですか?」と亀梨と向き合った。そして、「仕事をさせていただく姿勢や考え方、エンターテイナーとして人として大切にすべきことを温かく教えてくださったので、いただいた記憶と時間は一生大切にします」と告白するが、最後はなぜか吹き出しながら「ありがとうございました」。亀梨は「笑ってんじゃないか!」とツッコみながらも、優しい眼差しで受け止めていた。

 この日は高杉真宙、玉城ティナ、廣木隆一監督も出席。それぞれが愛情を込めて作り上げた本作の公開を喜んでいた。

 三次マキの人気コミックが原作の本作は、運命のイタズラで恋に落ち、秘密の結婚をした真面目な警察官・功太(亀梨)とピュアな女子高生・カコ(土屋)が、大事件を乗り越えて幸せをつかもうと頑張る姿を描いたハッピーラブストーリー。(取材/錦怜那)

映画『PとJK』は全国公開中