日本代表からFW大迫勇也、MF今野泰幸が負傷離脱…FW小林悠、MF遠藤航が追加招集《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、FW大迫勇也(ケルン/ドイツ)、MF今野泰幸(ガンバ大阪)の負傷離脱を発表した。代わって、FW小林悠(川崎フロンターレ)、MF遠藤航(浦和レッズ)の追加招集を併せて伝えている。

▽大迫と今野は、23日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE代表戦(2-0で日本が勝利)に先発。しかし、それぞれ試合中に負傷し、24日の帰国後に一時チームから離れて、病院に直行していた。

▽6大会連続のW杯出場を目指す日本は現在、グループBで首位のサウジアラビア代表と勝ち点で並び得失点差2で追う2位に位置。28日の次戦は、ホームでタイ代表を迎え撃つ。