IU、ニューアルバムの先行公開曲「夜の手紙」MV公開“繊細で切ない歌声”

写真拡大

1年6ヶ月ぶりだ。歌手IU(アイユー) の新曲をやっと聴けるようになった。その間、IUはさらに成熟した。

歌手IUは24日午後6時、新曲「夜の手紙」を公開した。4月21日に発売する4thフルアルバムに収録される曲だ。フルアルバムでカムバックするIUは一気にすべてを公開しない。2回にわたって先行公開曲を公開した後、最終的にアルバムを出す。時間を置いて関心を集中させるという戦略だ。

最初に先行公開した「夜の手紙」にはIU特有の叙情性が漂っている。「夜の手紙」はギターのメロディーと声が調和したナンバーだ。IUが直接作詞したという「夜の手紙」は過ぎた恋を思い出すことさえためらう気持ちを甘く描いた。

「この夜、その日の蛍をあなたの窓の近くに送ります。愛してるという言葉です」という歌詞で始まる「夜の手紙」はタイトル通り、全体的に夜のムードを漂わせている。別れた恋人を思い出し、止まった時間を惜しんだ。

初めてのキスを一人で思い出し、隠しておいた心を示して恋しく思った。「愛してる」という告白がきちんとできず、もうこれ以上一緒にいられない現実を自ら憎んだ。代わりに蛍を見ながら慰め、相変わらずその人の幸せを願った。

「夜の手紙」のミュージックビデオにはIUが直接登場し、切なさを倍増させた。カット一つ一つにおぼろげで繊細な感性を溶かした。好きな人宛に勇気を出して手紙を書いたが、結局渡せなかった少女。時間が経った後、かつて書いた手紙を取り出した。少女の目に切なさが浮かんでいる。