写真提供:マイナビニュース

写真拡大

既報の通り、ウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2017」(スイス・バーゼル)にて、カシオの耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」から特別仕様モデルが発表された。G-SHOCKの最上位シリーズ「MR-G」を冠し、世界限定500本、日本では7月〜8月の発売を予定している。ここでは、現地のカシオブースで収めた「MRG-G2000HT」の写真をお届けしよう(サムネイルのクリックで拡大表示)。

G-SHOCK MR-Gの特別仕様モデルは、毎年のBASELWORLDで異なるモデルが発表されている。いずれも「耐衝撃」というG-SHOCKのアイデンティティを守りながら、毎回異なるコンセプトを盛り込み、その年その年で最高に作り込んでいる至極の1本だ。

今回のMRG-G2000HTは、G-SHOCKの史上最高価格を更新する税別800,000円となる。ちなみにMRG-G2000HT以前のG-SHOCK最高価格は、BASELWORLD 2016で披露されたG-SHOCK MR-G特別仕様モデル「MRG-G1000HT」の700,000円だった。

2017年のMRG-G2000HT、その概要は別記事『BASELWORLD 2017 - 最高のG-SHOCK「MR-G」は伝統と先進を融合、80万円也!』をご覧いただきたいが、まずはの見どころとなるのが、ベゼルとバンドだ。

日本の伝統技術「鎚起(ついき)」を用い、ベゼルとバンドに美しい金属模様を描いた。1本1本を手作業で仕上げており、鎚起師 三代目・淺野美芳氏の協力を受けている。全体のコンセプトカラーはジャパン・ブルーでもある「藍」、さらに独特の銀灰色「朧銀(おぼろぎん)色」だ。

実物を目にすると、フルメタルのG-SHOCK MR-Gならではの重厚感とともに、繊細な表情が伝わってくる。ベゼルの藍色は光と見る角度によって、深みのある落ち着いた顔にもなれば、少し鮮やかに主張する顔にもなる。世界限定500本のうち、日本にどれだけ入ってくるかは不明だが、もし店頭で出合ったら、じっくりと魅入っていただきたい。

○実はレア物「MRG-G1000B」も

なお、2017年4月に日本国内で開催された、2017年春夏の時計新製品発表会で見かけたG-SHOCK MR-G「MRG-G1000B」の実機も目にすることができた。戦国の「赤備え(あかぞなえ)」をイメージした仕上げが施されている。

(林利明)