写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也と女優の土屋太鳳が25日、都内で行われたW主演の映画『PとJK』(3月25日公開)初日舞台挨拶に、高杉真宙、玉城ティナ、廣木隆一監督とともに登場した。

同作は三次マキによる同名コミックを実写化。イケメンな"P(=POLICE・警察官)"と恋愛初心者の"JK(女子高生)"が秘密で結婚するという設定と、年の差カップルのピュアなラブストーリーで話題を呼んでいる。恋愛映画初主演の亀梨が警察官・功太役、土屋が女子高生・カコ役を演じる。

初共演で夫婦役となった2人だが、亀梨は土屋について「まっすぐで純粋で、人としてすごくちゃんとしてる方」と語り、会うたびに「人としてすごく綺麗な気持ちになって帰らせてもらってます」と称賛した。

一方土屋は亀梨について、「お会いするまではクール」だったが、「実際お会いすると、元気で優しくて、すごく面白くて、松岡修造さんにあった時と同じような衝撃を受けまして」と驚きの発言に。亀梨がすかさず「元気か! 今日はどうだ!!」と熱い修造節を見せると、土屋は「すごく元気で、そんな感じです。熱くて熱量があるというか」と肯定し、亀梨は「やってないよ」と苦笑していた。さらに亀梨は「元気か!!」と叫びながら「ちょっと喉の調子が良いもので」と弁解した。

また、土屋は急に「感謝を伝えてもいいですか」と亀梨に向き直ると、「仕事をさせて頂く姿勢とか考え方とか、エンタテイナーとして、人としても大切にすべきことを演技じゃない時も演技の時もあたたかく教えてくださった」と真摯に語りかけた。そして「本当にいただいた記憶と時間は一生大切にします。本当にありがとうございました」と頭を下げると、亀梨は「笑ってんじゃねーかよ!」とつっこみながらも「すごく素敵な言葉をありがとうございます」と、嬉しそうな様子を見せた。

高杉も、亀梨とのシーンで「むちゃくちゃ緊張してて、何度も失敗」したが、亀梨が「大丈夫、気にしなくていいよ」と言ってくれたエピソードを披露。高杉が「松岡(修造)さんみたいですごく熱かった」と振り返ると、亀梨は「僕の記憶となんかいろいろ違った……」と苦笑いしていた。