佐藤タイジ、50歳を迎えその心境を語る:4月から全国ソロ・ツアーを敢行

写真拡大 (全5枚)

シアターブルックが去年結成30周年、そして今年50歳を迎える佐藤タイジが、全国ソロ・ツアーを前に、ローリングストーン日本版にその心境を語ってくれた。

自身のバンド、シアターブルックが去年結成30周年。そして、自身は今年50歳に突入。そして、そのグル―ヴも、ロックスピリットも益々パワーアップしている佐藤タイジ。そんなタイジが4月8日から久しぶりの全国ソロ・ツアー<蘇える光の人>を敢行する。
ツアー直前の佐藤タイジを直撃した。

―去年はシアターブルック結成30周年でしたが、去年を振り返り、どんな収穫がありましたか?

旧メンバーのDJチームとのアンサンブルがいい感じになり、やはりシアターブルックは日本で最初にDJがメンバーとなったバンドなんだと再認識したね。そして、逆に今とても新鮮。



―そしてタイジさんは1月26日に50歳になり、お誕生日当日は京都・磔磔でのバースデーライヴとなったわけですが、どんなライヴ、どんな一日でしたか?

シアターブルック、ウエノコウジ、KENKEN、高野哲、中川敬、marron、武藤昭平、屋敷豪太と凄まじいメンバーが集まって、すばらしい演奏をしてくれた。







夜中は夜中で、先斗町のクラブでKENKENがパーティーを開いてくれてスゲー酔っ払った。それで思うのは、みんな、50歳のパーティーは派手にした方がいいよってことだね。あと、磔磔に念願の手書き看板を奉納した。協力してくれたみんなありがとう。

―50歳になっての決意や目標があれば教えてください。

「LOVE!RESPECT!&PARTY!(NOT WALLS!)」

―先日、グラミー賞に行かれたそうですが、印象的なシーンを教えてください。

MUSICCAREのトム・ペティはマジでヤバかッた。そして、ミュージアムのウディ・ガスリーの手書きの歌詞に震えた。それと、グラミー会場を一歩出ると普通にホームレスがいるギャップ。これがアメリカの現実やねん。

―グラミーを生で体感して、何を感じましたか?

グラミー賞は、今、日本に必要だよね。

―今年に入り、ムッシュかまやつさん、中西 俊夫さんと、日本の才能あるミュージシャンが他界してしまいました。タイジさんはムッシュさん、中西さん、共に親しくしていたと思うのですが、差し支えなければ、故人との想い出をそれぞれ聞かせてください。

Charの還暦パーティーの楽屋でムッシュに呑まされてから酔ってステージに上がったんだが、思いの外とてもいい演奏が出来たよ。ムッシュありがとう。

トシさん=中西 俊夫はデビュー当時、シアターブルックとコラボツアーをしたんだ。あと、ロンドンに行くと必ず遊んでくれたよ。プラスチックスはオレが中学の時、近所の大学の学際に来ていて、生まれて初めて観たプロのロックバンドのライヴだった。その時のライヴが始まりで「みんな恥ずかしがらないで前においでよ!」とMCをしてた。同じセリフをプラスチックス再結成時の静岡のフェス「頂」で言っていて、なんかジーンとしたなぁ……。
この間、トシさんの葬式に行ってきたよ。全然葬式ぽくない派手なオシャレな女子たちがいて嬉しかった。トシさんは天才だと思っている。

―さて、ソロ・ツアーが始まりますね。ソロとバンド、タイジさんにとっての棲み分けは?

以前は棲み分けていたが、今は棲み分けないことにしたんだ。オレはどこにいても、ギターボーカルなんだから。

―今回のツアーでは、どんなことをオーディエンスに伝えたいですか?

PARTY!!!NOT WALLS。これだね。

―最後に改めて読者にメッセージを!

これまで体験したコトのない時代に突入したね。でもオレは強い意志を持って「PARTY!」したいと思う。音楽は現実逃避ではなく、現実と向かい合うインスピレーションを与えてくれるんだ。オレと同じ歳のROLLING STONE、これからも信頼しているよ。
※米国ローリングストーン誌は今年50周年。

佐藤タイジ ソロ・ツアー「蘇える光の人」

久しぶりにタイジソロでツアーに出ることになった。オレはいいタイミングだと思っている。何故なら一昨年はデビュー20周年、去年はシアターブルック結成30周年、そして今年は記念すべきがどうかわからないが50歳になってしまった。ここらでもう一度足元を見直すべきだろう。「佐藤タイジっていったい何なんだろう」この先、世界と日本がどうなろうともオレは最高のギターボーカルでありたい。だから今、一人でどこまでやれるのか挑戦したいんだ。そして日本中のみんなと打ち上げパーティーしたいのさ!

佐藤タイジ(シアターブルック)
企画・制作 RE・CREATION 
チケット代金 前売り¥3,000/ 当日¥3,500
※チケット予約日、開場・開演時間、ドリンク代は各会場によって異なります。

http://www.taijinho.com/news/archives/278

【東京・墨田区】
日時 : 2017年4月8日(土) open18:00 / start19:00
会場 : 錦糸町 OLD SCOT
チケット予約受付日 : 3月5日 18:00〜
予約 : 03-3632-1407(受付時間/18:00〜26:00)

【神奈川・小田原】
日時 : 2017年4月14日(金) open18:30 / start19:30
会場 : 喫茶mago
チケット予約受付日 : 3月5日 18:00〜
予約 : kissamagodesu@gmail.com

【東京・文京区】
日時 : 2017年4月15日(土) open18:00 / start19:00
会場 : Sports Bar & Dining BRAVO
チケット予約受付日 : 2017年3月5日 18:00〜
予約 : https://tiget.net/events/10056

【宮城・仙台】
日時 : 2017年4月29日(土) open18:00 / start18:30
会場 : HIGHBURY -CAFE AND DINING-
チケット予約受付日 : 3月5日 18:00〜
予約の受付順の入場になります。
予約された方にオリジナルピック型ストラップの特典あり。
予約 : info@highbury.jp

【神奈川・横浜】
日時 : 2017年5月7日(日) open17:30 / start18:00
会場 : Yokohama Grassroots
チケット予約受付日 : 3月5日 18:00〜
予約 : 045-312-0180

【栃木・宇都宮】
日時 : 2017年5月14日(日) open17:30 / start18:00
会場 : コーヒールンバ
チケット予約受付日 : 3月5日 18:00〜
予約 : cafe_coffee_rumba@yahoo.co.jp

【静岡・浜松】
日時 : 2017年5月19日(金) open18:00 / start19:00
会場 : Esquerita68
予約受付日 : 3月5日 18:00〜
予約 : HP内メールフォームにてお申し込み下さい。
         http://esquerita68.jimdo.com/ticket-mail-form/

【京都】
ゲスト : 有山じゅんじ
日時 : 2017年5月20日(土) open18:00 / start19:00
会場 : LIVE HOUSE Indigo
チケット予約受付日: 3月5日 18:00〜
予約 : 075-708-2133

【大阪・梅田】
日時 : 2017年5月21日(日) open18:00 / start19:00
会場 : 梅田ムジカジャポニカ
チケット予約日 : 3月5日 18:00〜
予約 : musicajaponica@yahoo.co.jp

【愛知・名古屋】
日時 : 2017年5月27日(土) open19:00 / start20:00
会場 : 名古屋 hunny bunny 
チケット予約受付日 : 3月5日 18:00〜
予約 : hunnybunny8282@gmail.com
          090-9939-4647(18時〜24時)

【徳島】
日時 : 2017年5月28日(日) open 19:00 / start 20:00
会場 : 寅家
チケット予約受付日 : 3月5日 18:00〜
予約 : 088-677-3233
       toraya60@nifty.com

【東京・世田谷】
ゲスト:エマーソン北村
日時 : 2016年6月2日(金) open19:00 / start19:30
会場 : 下北沢風知空知
チケット予約受付日 : 3月5日 18:00〜
予約 : 03-5433-2191(17時〜26時)