画像はイメージです

写真拡大

ある朝、スターバックスドライブスルーでコーヒーを購入した女性客。しかし若い男性店員と話しているうちに、彼女の表情が曇り始めました。

「飲み物用のトレーを切らしているって、どういうことなの!?」

どうやら女性客は、飲み物を入れるトレーをもらえず怒っている様子。店員に怒鳴ると、帰っていきました。

店員に怒鳴った女性客から渡された、1枚の手紙

翌日、再びお店に現れた女性客。もしかすると店員は、「昨日怒ってた人だ…。また怒鳴られたら嫌だなあ」と身構えていたかもしれません。

そんな予想に反し、女性がとった行動は『店員に手紙を渡すこと』。中を読んだ店員は、この出来事を海外掲示板Redditに投稿します。

A woman came through the drive through yesterday and got a little irritated with me because we didn't have drink carriers. Today

スターバックスのバリスタさんへ

昨日、私はドライブスルーであなたに失礼なことをしてしまいました。
あなたのせいではないけれど、お店は飲み物のトレーを切らしていたうえ、私のゴミを捨ててくれませんでした。
私はあの時、とても怒ってしまいました。

本当にごめんなさい。あなたを不快にさせてしまって、今とても反省しています。

未来のために仕事を頑張っているあなたは、賞賛されるべき人だと思います。
今後、どんな失礼な客が来てもめげずに頑張ってくださいね。
頑張っているあなたの姿を、きっと神様は見てくれているはずです。

あなたは、私に思いやる心や謙虚さが大切だということを教えてくれました。
本当にありがとう!

デビーより

Imgur ーより引用(和訳)

デビーと名乗る女性客が渡してきた手紙に書かれていたのは、昨日怒鳴ってしまったことに対する謝罪でした。

手紙と一緒に渡された50ドル紙幣は、きっと彼女なりの『謝罪の気持ち』と『応援』なのでしょう。

あなたは、私に思いやる心や謙虚さが大切だということを教えてくれました。

文面から見るに、彼女は店員に怒鳴ってしまったことをとても後悔したのでしょう。だからこそ、わざわざお店に出向いて本人に手紙を渡したのです。

確かに、一方的に店員に怒鳴った行動は良くありません。しかし、自らの行動をしっかりと反省し、悔い改めた女性客はとても素敵ですね!

[文・構成/grape編集部]