学習とうんこの奇跡の出会い!! 例文すべてに「うんこ」が使われた「うんこ漢字ドリル」が爆誕!

写真拡大


我が家には現在小学1年生の子どもがいるのですが、漢字の学習はひとつの大きな難関のようです。字がうまく書けない、書き順や送り仮名を間違うなど、一度覚えてもすぐ忘れてしまう、などなかなかたいへん。中には投げ出したくなる子どももいるに違いありません。

そんなお子さんと親御さんに朗報! 学習とうんこが夢のコラボを果たしました!!

……って何言ってるかわかんないって? 実は、例文すべてに子どもが大好きな「うんこ」という言葉が使われている漢字ドリルが爆誕しちゃったんです。画期的すぎないですか、これ!?

【3018例文すべてに「うんこ」!】

この「うんこ漢字ドリル」、小学1年生から6年生までに習う漢字1006字×3例文の3018例文すべてに「うんこ」という言葉を使用することに成功。


たとえば「うんこにも 羽( )が 生えたら いいのに」「春( )らしい 色の うんこだ」「父は青しゅん( )時代によくうんこをもらしたそうだ」など。こんな例文を全部で3018個も寄せ集めてるだなんてバカだ……このドリル、めちゃくちゃおバカだ……。

【ツイッターでも超話題】

でも子どもって男女関係なく「うんこ」って言葉が大好きなんですよね! もう聞くだけでゲラゲラ笑ってテンションが上がっちゃうから不思議。そう考えると、この「うんこ漢字ドリル」もぜったい楽しんで取り組めるにちがいない! これをきっかけに子どもたちの勉強への意識が変わる可能性も「大」です。……うんこだけに。

ツイッターではこの「うんこ漢字ドリル」を紹介したツイートが5万リツイート近くにおよぶ反響が出ているほど。漢字嫌いのお子さんがいたら、試してみてはいかが?

私もさっそくAmazonでポチってしまったのですが、届くのが待ちきれないといった感じで眠りについた子ども。……そんなにか! ホントにホントに子どもってうんこが大好きなんだなぁ……。

参照元:プレスリリース、Twitter検索「うんこ漢字ドリル」
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

画像をもっと見る