ファミリー沸騰の企画! (C)Universal Pictures

写真拡大

 人気カーアクションシリーズの最新作「ワイルド・スピード ICE BREAK」の撮影で実際に使われた車両が、3月27日に日本に上陸することが決定した。シリーズ初の試みとなり、映画仕様の巨大トラックに乗って日本全国を縦断する予定だという。

 シリーズ第8弾となる今作では、ビン・ディーゼル扮するドミニクの裏切りによって、ファミリー(仲間)の絆が崩壊していくさまを描く。ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン、ジェイソン・ステイサム、カート・ラッセルらが続投するほか、シャーリーズ・セロン、ヘレン・ミレン、スコット・イーストウッドが新たに加わる。

 今回日本上陸する劇中車は、ドミニクがシリーズ1作目から乗り続けているダッジ・チャージャーを、最新作の舞台の1つであるアイスランドの氷河チェイス用にフルカスタムした“ダッジ・アイス・チャージャー”。5月中旬までの約1カ月半の期間をかけて日本全国を縦断し、全国30カ所以上の都市で展示される。

 場面写真においては、ホブス(ジョンソン)、レティ(ロドリゲス)、デッカード(ステイサム)、ミスター・ノーバディ(ラッセル)らに加えて、セロンやイーストウッド演じる新キャラクターが描かれている。セロンは本作で恐るべきサイバーテロリストに扮してドミニクを悪の道に引きずり込んでおり、どのような活躍を見せるのか憶測を呼んでいる。

 「ワイルド・スピード ICE BREAK」は、4月28日から全国公開。