累計310万部を突破、三次マキさんの人気コミック『PとJK』が映画化され、いよいよ今週末に公開されます。亀梨和也さん&土屋太鳳さんの初共演が注目される本作の魅力に迫ってみましょう!

映画『PとJK』のピュアラブストーリー


警察官・功太(亀梨和也)は、合コンで“大学生”として連れて来られた、本当は“女子高生”のカコ(土屋太鳳)と出会う。彼女に惹かれた功太だったが、女子高生だと知り態度は一変。自分の気持ちおさえ、冷たい態度を取る。

しかしひょんな事から、カコが功太をかばってケガをしたことをきっかけに、彼女への思いは強まり“結婚”を提案。なぜなら、功太は警察官。一緒にいるためにはそれが唯一の手段だった。

ふたりは幸せな秘密の結婚生活をスタートさせるが……。


セクシーオーラ封印の、真面目な亀梨和也さんに胸キュン♡


亀梨和也さんといえばセクシー&キラキラオーラで多くの女子をキュン死させてきた存在。ですが、今回は真面目な警察官役ということで、そのカリスマ性を封印し髪をバッサリ。色も真っ黒にして、警察官のリアルを追求したのだとか。ビジュアルはもちろんのこと、警察官ならではの所作や、言葉遣いにもこだわっているそう。

とはいえ、不良たちを捕まえるときのアクションのキレの良さや、警察手帳を見せる時のポーズなどは、さすが主人公らしいカッコ良さ全開。

そして亀梨さんは本作が恋愛映画は初主演なのだそう。ファンならずともキュンキュンしてしまう事は覚悟した方が良さそうです♡

女子の憧れ♡ 2人だけの秘密の結婚生活


そして、なんといっても本作の魅力は“年の差婚”の功太とカコの“秘密の結婚生活”。カコは女子高生なので功太の家に通い婚。功太に手料理を作ってあげたり(誰もが期待してしまうアーンな食べさせシーンも!)、おおっぴらにデートできない功太が、カコの学園祭にそーっと遊びに来ては校内の誰もいないところキス……!? など、P(警察官)とJK(女子高生)ゆえに、フツーのカップルらしい事ができない2人のヤキモキ感が、高校生同士の恋愛では見られない数多くの胸キュンシーンを生み出す源となっているワケです。

さらには、警察官姿のキリッとした功太から、カコの前で見せる甘くて優しい表情……このギャップ萌えに、もだえ苦しんでしまうことも覚悟しなくてはなりません。


美しい函館の町とフレッシュな俳優陣にも注目!


また本作の舞台は全編北海道で撮影され、その9割は函館でのロケだったのだそう。その異国情緒あふれる街なみはとってもオシャレで、思わずウットリしてしまうほど。中でもカコが通う高校は、趣のあるクラシックな建物で、国の重要文化財になっているのだそう。

そんなすてきな高校で一緒に過ごすカコの同級生には、玉城ティナさん、高杉真宙さん、関西ジャニーズJr.の西畑大吾さんなどフレッシュな面々がそろい、彼らの友情関係も見どころのひとつです。


映画オリジナルのエンディングも気になる♡


本作を手掛けたのは『ストロボ・エッジ』、『オオカミ少女と黒王子』など、オトナ女子にも響く少女マンガの映画化に定評のある廣木隆一監督。今もなお別冊フレンドで連載が続いている原作を、中盤までは追いながらも、胸キュン恋愛だけでなく、家族や友情の物語も丁寧に描きながら、ラストは映画オリジナルの結末へ。

映画ならではのエンディングはぜひスクリーンで楽しんで。
(ミカマイコ)

『PとJK』は3月25日から全国順次公開。