男子テニス、オープン13、シングルス決勝。勝利を喜ぶジョーウィルフライ・ツォンガ(2017年2月26日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子テニスのジョーウィルフライ・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga、フランス)は24日、自身のツイッター(Twitter)で第一子の誕生を公表し、子どもを抱く姿を披露した。

 31歳のツォンガは、分娩(ぶんべん)室で腕に赤ちゃんを抱きながら緊張した笑みを浮かべる自身の写真に、「目をきらきらさせながら、息子が生まれたことを喜んで発表する」とメッセージを添えた。

 世界ランク10位のツォンガは、2月に行われたABNアムロ世界テニストーナメント(ABN AMRO World Tennis Tournament 2017)とオープン13(Open 13 Provence 2017)で2週連続のタイトル獲得を果たしたあと、パートナーであるノウラ(Noura El Shwekh)さんの出産に立ち会うため、マイアミ・オープン(Miami Open 2017)の出場を辞退した。

 国別対抗戦デビスカップ(Davis Cup 2017)でフランス代表を率いるヤニック・ノア(Yannick Noah)監督は、来月7日から9日に同国ルーアン(Rouen)で行われる英国戦にツォンガが出場することを期待している。
【翻訳編集】AFPBB News