Google マップから「全国タクシー」でタクシーを呼べるように、初回利用時は1,500円分のクーポンを付与

写真拡大

Google マップと既に連携している「Uber」に加えて、3月23日からタクシー配送サービスの「全国タクシー」も利用できるようになりました。残念ながら、Google マップ上で配車が完結するのではなく、別途で全国タクシーアプリをダウンロードする必要があります。Google マップ上で目的地を検索後、「全国タクシー」アプリを開くことで、目的地の設定が継続されたまま配車可能に。また、全国タクシーアプリを利用したことがない人やネット決済登録をしていない人を対象に、ネット決済登録をしたのち、Google マップから配車したタクシーに限り1500円分の割引クーポンコードが付与されます。

使い方はいたってシンプルです。Google マップ上で目的地を設定したうえで、配車リクエストを行い、「全国タクシー」アプリからタクシーを呼び出すだけ。

 

自分の周辺にいるタクシーのトラッキングを眺めているだけでも非常に面白いです。現時点で配車できる車両は日本交通が対象となっています。同じ目的地でも「Uber」と「全国タクシー」アプリとでは料金が違うので、しっかりと確認をとってから配車を行うようにしたいところ。

先陣を切って日本で展開された「Uber」は配車が東京23区内の一部のエリアに限られる一方で、「全国タクシー」は全国47都道府県で配車できます。都内のタクシー料金も初乗り410円となったいま、Google マップからの配車サービスはタクシー需要の増大につながるのでしょうか。