うぉー、めっちゃかわいいっ! 男性がドキッとする上目遣いを徹底調査!

写真拡大

女性の仕草の中でも、特に好きなのが上目遣いという男性も多いかもしれませんね。どこか甘えたような、かわいらしく見える上目遣いは、男性にとってたまらない仕草なのかもしれません。男性が上目遣いをされると、ドキッとしてしまう理由について、いろいろ調べてみました。

<目次>
女子に上目遣いされるとドキッとしますか?
女性に上目遣いをされてドキッとしたエピソード
どんなシチュエーションで上目遣いされたいですか?
上目遣いをするときの女性の心理とは?
男性をドキッとさせるかわいい上目遣いをするコツ
まとめ

■女子に上目遣いされるとドキッとしますか?

本当に男性は、女性から上目遣いをされるとドキドキしてしまうものなのでしょうか。働く男性にアンケート調査してみました。(※2)

Q.女子に上目遣いされるとドキッとしますか?

ドキッとする(58.2%)
何とも思わない(41.8%)

およそ6割近くの男性が、ドキッとしてしまうと答えたようです。どんなときにドキッとしてしまったのでしょう。

■女性に上目遣いをされてドキッとしたエピソード

それでは、男性がどんなときにドキドキしてしまったのか、男性の意見を元に、エビソードをまとめてみました。(※2)

<飲んでいるときに>

・「飲み会で少し酔っ払ったときに上目遣いされるとドキッとする」(31歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「飲み会の席で『好きになっちゃったかも』と上目遣いで言われたときはドキドキした」(31歳男性/情報・IT/技術職)

・「酒の席で、酔った勢いで上目遣いをされたら勘違いしてしまう」(32歳男性/自動車関連/販売職・サービス系)

・「一緒に飲みに行って、酔った姿で上目遣いをされたときドキッとした」(31歳男性/自動車関連/技術職)

お酒を飲んでいるときに、大胆になる女性もいますよね。普段はしない上目遣いをされて、ついその気になってしまった男性も多いのではないでしょうか。

<気になる人からされると>

・「ちょっと気になる人からされると嬉しい」(31歳男性/ソフトウェア/技術職)

・「気になる相手であれば、どんな状況でも上目遣いはドキッとしてしまう」(34歳男性/情報・IT/営業職)

・「気になる女性からそうされたときです」(35歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「気になる女性にされた場合は気があるのか気になる」(28歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

気になる女性から上目遣いをされると、誰でもドキドキするものかもしれませんね。もしかして、相手も自分のことが好きなのでは?と期待してしまっているのでは。

<デートしているときに>

・「デートしてるときに、『次いつ会える?』と彼女にせがまれとき」(27歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「デートで腕を組んできて、上目遣いでほほ笑んでくれたとき」(29歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「デートの終わりごろに上目遣いをされたときは、気があるのかなと思ってしまいます」(34歳男性/その他/事務系専門職)

・「デート中に上目遣いをされたとき」(27歳男性/機械・精密機器/営業職)

女性とデート中に上目遣いされると、やはり嬉しく思う男性は多いようですね。付き合う前のデートなら、かなり期待度が上がってしまいそうですね。

<身長が低い子からされると>

・「自分より背の低い小柄な女性と仕事上でやり取りしたとき」(33歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「自分より身長が小さい女性だったらかわいい」(30歳男性/情報・IT/その他)

・「自分より背が低い女の子は大概上目遣いになる」(30歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「身長の小さい子が自然と上を向く感じ」(33歳男性/運輸・倉庫/その他)

身長の低い女性だと、どの男性に対しても上目遣いになってしまうかもしれませんね。本人はその気がなくても、ドキドキしている男性は多いようですよ。

女性から上目遣いをされて、ドキドキしてしまった男性は少なくないようです。相手が何の気なしにしている上目遣いでも、男性にとっては見抜けないこともありますものね。

■どんなシチュエーションで上目遣いされたいですか?

女性から上目遣いされるなら、どんなシチュエーションを男性は望んでいるのでしょう。働く男性に本音を教えてもらいました。(※2)

<キスするとき>

・「キスを求めてくるときとかに、上目遣いしてほしい」(34歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「キスするときとかに多い気がする」(34歳男性/生保・損保/営業職)

・「キスする前とかにされたいと思う」(29歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「二人でデートしていて、キスをするとき」(32歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

これからキスするというときは、彼女に上目遣いをされたいと思う男性も。相手がよりかわいらしく見えるのでしょうね。

<お願いされるとき>

・「何かをお願いされるときに上目遣いされたい」(35歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「何かだだをこねられたとき。少しねらってやってる感じがいいかな」(27歳男性/小売店/事務系専門職)

・「おねだりされるようなときにされると弱い」(35歳男性/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「何かお願いをされるときに上目遣いされたとき」(30歳男性/情報・IT/技術職)

女性からお願いをされるときは、上目遣いをされたいと思う男性もいるようです。本当は断るつもりでいたのに、上目遣いをされると断れなくなってしまう男性も多いのでは。

<甘えてくるとき>

・「甘えてきたり、弱さを見せられたとき」(28歳男性/自動車関連/技術職)

・「甘えられたりするときにされたい」(32歳男性/情報・IT/技術職)

・「彼女に少し甘えた様子でされたい」(27歳男性/医療・福祉/事務系専門職)

彼女が甘えてくるときに上目遣いをされると、キュンとくる男性もいるのではないでしょうか。どんなおねだりも聞いてしまいそうですね。

<二人きりのとき>

・「二人きりのときに女性に上目遣いされたいです」(32歳男性/自動車関連/技術職)

・「二人きりで向かい合ったときに上目遣いをされたい」(35歳男性/医療・福祉/専門職)

・「薄暗い部屋で二人きりになっているとき」(30歳男性/その他/その他)

・「二人で買い物してるとき、もしくはお茶してるときでしょうね」(34歳男性/その他/その他)

二人きりのときは上目遣いをしてほしいと望んでいる男性もいるようです。少し甘えたように見えるのが、男性には嬉しく思えるのでしょうね。

いろんなシチュエーションで上目遣いをしてほしいと思う男性はいるようですね。上手に使い分けをすることで、彼氏におねだりをすることができそうですね。

■上目遣いをするときの女性の心理とは?

普段からいつも上目遣いをしている女性もいないもの。男性に上目遣いするときは、何か下心があるときもあるのではないでしょうか。男性に上目遣いをするときの心理について、女性に本音で答えてもらいました。(※1)

<かわいく見られたいとき>

・「かわいいと思われたい。キュンキュンさせたい」(27歳女性/食品・飲料/その他)

・「少しでもかわいいアングルで自分を見てほしいという気持ち」(30歳女性/その他/事務系専門職)

・「かわいいと思ってほしいか、逆に気に入られたいかのどっちかだと思う」(33歳女性/医療・福祉/専門職)

・「かわいく見られたい。こちらも下心がある」(26歳女性/小売店/販売職・サービス系)

自分をかわいく見せようと思うとき、あえて上目遣いをする女性もいるようです。自分が一番かわいく見える角度は勉強しておきたいですね。

<お願いごとがあるとき>

・「お願いをしたいときなど、頼みごとをしたいときは、上目遣いのほうが叶いやすい」(34歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「ちょっとしたお願いごとをするときにする。聞いてくれるかなーって思う」(32歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「どうしてもお願いしたいことがあるときに、必死に女性の武器を利用する」(34歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「お願いごとをするとき。意識せずにやってしまっている。でも上から目線でないにしろ、下手に出てお願いごとをしようとすると、どうしても上目遣いになってしまう」(30歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/経営・コンサルタント系)

彼氏にお願いごとがあるときは、つい上目遣いになってしまう女性もいるのではないでしょうか。みえみえでも、彼氏はつい許してしまうのでしょうね。

<甘えたいとき>

・「甘えたい気持ちがあるときだと思う」(28歳女性/その他/その他)

・「甘えたかったり、下心があるとき」(31歳女性/商社・卸/技術職)

・「甘えてみたいと思うとき。何かを頼りたいとき」(26歳女性/学校・教育関連/専門職)

・「甘えたかったり、自分はあなたに興味があると気づいてほしいとき」(32歳女性/農林・水産/その他)

彼氏に甘えたいときに、上目遣いになってしまうこともありますよね。彼にも気持ちが通じているかもしれませんね。

<気があるとき>

・「その男性に気があるときに、その気持ちを伝えるため」(33歳女性/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「好きな人をドキドキしながら見つめると自然とそうなる。好きだけど言えない、でも好きみたいな感じで、いつのまにか見ちゃう」(34歳女性/学校・教育関連/その他)

・「気になっているということをアピールしている」(27歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

・「好意的な気持ちを言葉ではなく、行動で表したいとき。また、かわいく思ってほしいときに上目遣いをします」(29歳女性/その他/事務系専門職)

相手に対して好意を抱いているときに、自分をかわいく見せようと上目遣いになってしまうこともありますよね。

女性が上目遣いをするのには、それなりに理由があるようですね。相手に甘えたい気持ちがあるとき、自然と上目遣いになってしまうかもしれませんね。

■男性をドキッとさせるかわいい上目遣いをするコツ

上目遣いをするなら、なるべく相手にかわいく思われたいもの。そこで働く女性に、男性をドキッとさせるかわいい上目遣いをするコツについて、教えてもらいました。(※1)

<首をかしげる>

・「首を少しかしげて上目遣いをしたらいいと思う」(32歳女性/通信/事務系専門職)

・「首をかしげながら上目遣いする。酔ったとき」(28歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「首をかしげる角度はポイントだと思う」(30歳女性/その他/販売職・サービス系)

・「首をかしげながら上目遣いをしてみる」(27歳女性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

少し首をかしげることで上目遣いのかわいさにも、より磨きがかかるのではないでしょうか。

<相手の目を見つめる>

・「相手の目を見ながら、普通の視線から上目遣いに素早くする」(33歳女性/その他/秘書・アシスタント職)

・「相手をじっと見つめてニコッと笑う」(27歳女性/金融・証券/専門職)

・「じっくり相手の目をみてしばらく見つめること」(30歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「じーっと目を見つめて離さないようにする」(34歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

相手の目を見つめがら上目遣いすると、相手もドキドキしてしまいますよね。下からゆっくりと覗き込むようにすると、効果も高そうですね。

<目をうるませる>

・「目をうるませて、アヒル口とかが似合う人はかわいいのではないのかと」(31歳女性/医薬品・化粧品/その他)

・「目を少しうるませて、じっと相手の目を見る」(32歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「うるうるした目でかわいくみる」(23歳女性/商社・卸/事務系専門職)

・「ちょっとうるうるした目で上目遣いをする」(30歳女性/医療・福祉/専門職)

目をうるうるさせることで、上目遣いされた男性もドキドキしてしまうのでは。うるんだ目は上目遣いでなくとも、弱い男性も多いですものね。

<笑顔を見せる>

・「ほほ笑みながら、よく笑い、よく食べるけれど、ふっと見せる寂しそうな姿のギャップ」(33歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「ゆっくり目を見る」(27歳女性/医療・福祉/専門職)

・「ほほ笑みながら上目遣いをする」(25歳女性/その他/事務系専門職)

・「甘えた口調の最後に、小動物のようにかわいらしくほほ笑みながらの上目遣い」(31歳女性/その他/事務系専門職)

笑顔を見せることで、上目遣いにもより効果があらわれそうですよね。真顔だと相手も戸惑ってしまうかもしれませんが、笑顔を見せることで安心できるのでは。上目遣いをするときに、少しのテクニックを取り入れることで、男性をドキドキさせることができるようです。なるべく相手に近寄ることが、ポイントかもしれませんね。

■まとめ

誰にでも上目遣いをすると、気のない相手にまで誤解されてしまうこともあるもの。くれぐれも上目遣いは、気になる相手だけにするようにしたいものですね。

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年2月
調査人数:409人(25〜34歳の働く女性)

(※2)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年2月
調査人数:407人(25〜34歳の働く男性)