女子のぶりっ子をみて、かわいいと感じる男子もいれば「けっ! ぶりっ子しやがって!」と感じる男子もいるのが事実。女子としてはかわいいと思ってもらいたくてやっていることも、ネガティブに捉えられてしまうこともしばしばあるのです。
そこでに引き続き今回も、逆に男子がかっこいいと思ってやっているけどはっきり言って全然魅力的じゃないことを集めてみました。

筋肉を触らせてくる

筋肉を鍛えていることをアピールするためにわざわざその筋肉に触らせようとすること。一応みんな「うわー、すごいねえ!」と感心しているそぶりは見せるもののその90%が「ええ……なんでこんなの触らなくちゃいけないの……」と思っていることに気がついて欲しいのです。

悪い男を演じる

今まで女泣かせの男だったという話をして悪い男だったけど、最近は改心していい男に生まれ変わったという話をしてくること。すでに昔女子にひどいことばかりしてきたことをきかされた時点でいい印象がないので、今いい男になった話しなんて信用できるわけありません!

酒を飲みまくる

お酒が強い男がかっこいいなんて若いときだけの話しだってことをいつまでも気づいていないとき。むしろ酒飲みの男なんて、お金遣いも荒いし旦那候補からは即効外したいところ! お酒が強いことをアピールして男らしさを表現しようとしても全然なびかないのです。

パンツを腰ばき

服をあえて着崩すこと。もう、パンツを腰履きするようなファッションって10代まででいいんじゃないでしょうかね? 下着のブランドをあえて見せつけるかのようにパンツを腰ばきし、ボクサーパンツが見えているといったファッションにどれほどの女子がセクシーさを感じているのでしょう。
ひどいときにはパンツがずりさがりすぎて、おしりの割れ目があらわになってしまっていることだってありますからね。

無精ヒゲ

ナチュラルに無精ヒゲを生やしていることをかっこいいと思っているのかもしれないけど、ほとんどのひとが似合っていないのでやめて欲しい。90%の場合、身なりを整えていないようにみえるし、せっかくルックスがよくても無精ヒゲが台無しにしていることもしょっちゅうあったり。あと、キスをするときにそのチクチクのせいで人によっては湿疹ができたりすることも……。

若干キレ顔での自撮り写真

なぜかソーシャルメディアなどに自撮り写真を投稿するときに、若干キレ気味の顔で写真を撮っていること。シリアスな顔でクールに決めたいのかもしれないけど、トイレに行きたいのを我慢しているようにしか見えないのです。
そもそも、そんな顔の自撮り写真をソーシャルメディアにあげられてもコメントのしようがなく、誰からも「いいね!」がついていないとなんだかかわいそうになるからやめていただきたい。