塩谷信幸(北里大学名誉教授・Aging Style編集長)

写真拡大

2017年2月、30代の女性が美容外科の手術中に意識不明となり、搬送先の病院で死亡した。女性は、胸を大きくする「豊胸手術」を受けていたという。いまのところ死因はわかっていないが、豊胸手術とは、どのような手術なのか、形成外科医の塩谷信幸・Aging Style編集長に話を聞いた。

主流はシリコンバック

現在、豊胸手術の主流はシリコン・ジェルを詰めたシリコン膜のバッグを手術で胸の中に入れる方法だという。

「シリコンバックを入れる施術法は、1963年に米国・ワシントンで開かれた国際形成外科学会で、テキサスのクローニン博士が発表しました。施術が始まった当初は、シリコンバッグを入れると異物反応が起きてまわりの組織が硬くなってしまう被害が出ましたが、トラブルが起こりにくいように改良されてきました」

現在、シリコンバッグの中には厚労省に認可されたものもあり、乳がん手術後の乳房再建にも用いられる。

ほかにも、患者の腹部などから吸引した脂肪や、ヒアルロン酸製剤を注射器で胸に入れる治療法がある。メスを使わないため、シリコンバッグを入れる手術よりも手軽な印象があるが、塩谷氏は手軽そうな施術でもトラブルが起こる可能性はあると言う。

「脂肪注入治療は、確かな技術を持つ医師が行えば自然なボリュームアップが可能な場合もありますが、手術後、注入した脂肪の中に血管が新生しないと組織が死んでしまったり、膿瘍になるなどトラブルが多いのも事実。ヒアルロン酸の注入治療に関しては、顔に少量を注入するのとは違って、乳房に100〜200佞眛れるのですから、どんなトラブルが起こるかはわかっていないことが多いです」(塩谷氏)

豊胸術で使われるヒアルロン酸は、ほとんどが海外メーカー製だが、海外では使用が禁止されている製剤が日本で使われているケースもあるという。

基本は医師の自己責任

海外で認可されていない製剤が、日本で治療に使えるのはなぜだろうか。

「現在、美容医療を含めた自由診療では、医師の自己責任で安全を担保して治療を行うことになっています。海外では使用が禁止されている製剤でも個人輸入等で入手し、治療に使うことができます。ヒアルロン酸は、時間が経つと体内に吸収されるため、注入後にトラブルが起こってもなんとかなるだろうと考える医師も残念ながらいるのです」(塩谷氏)

また近年、日本の豊胸施術で増えているという「ポリアクリルアミド」を使った治療について、塩谷氏は現段階では、絶対にすべきではないと強く主張する。

「ポリアクリルアミドは、劇薬になるアクリルアミドという分子がいくつかつながっているものが含まれた製剤です。豊胸術では、『アクアフィリング』などと称して施術が紹介されていますが、その安全性は確かめられていません。ポリアクリルアミドは、体内に吸収されないため一度注入したら永久に効果が続くとうたわれていますが、裏を返せば、トラブルが起っても取り除くのは難しいとも言えます」

ポリアクリルアミドに限らず注入剤を使った治療は、アレルギーなどの異物反応や注入剤が血管につまって肺などの組織が壊死するなどのトラブルが起きる可能性がある。

豊胸手術は国内でどのくらい行われているのだろうか。その疑問に、塩谷氏は「正確な数は把握できていないが、少なくはない」と答えた。すべての美容クリニックが症例数を正確に記録しているわけではないし、専門外の医師も美容手術をしている可能性があるからだ。

「日本で美容外科を行っている医師がどれだけいるのか、学会も医師も行政も把握していません。まして、美容医療を受診している人がどのくらいいるかも分からないのが現状です」(塩谷氏)

美容医療トラブルは、患者が治療を受けたことを誰にも知られたくないという傾向があるため表面化しにくい。

信頼できる医師を探すには

信頼できる医師を探すには、まずは日本美容医療協会が認定している医師(適正認定医)を参考にするのが良い。

受診して即日手術を勧められても、納得いかなければ手術を断ることが大切だ。そして、もう一度本当に必要な手術なのかをよく考えてから再度、医師と話し合うようにしたほうがいいと塩谷氏は言う。

「美容目的の手術は、通常なら医師の方から即日手術を勧めることはありません。どんな手術でもそうですが、美容外科でも絶対安全ということはありません。簡単そうに思える施術でも、麻酔を使うことでショック状態に陥ったりするリスクもあります。美容外科を受ける際に大切なのは、迷ったらやらない。やりすぎてしまっては元に戻すのは困難。後悔するなら、やり足りない方がいいと思ってください」

医師・専門家が監修「Aging Style」