交際を始めてラブラブ状態が続くと、そのままの勢いで同棲をしちゃうカップルも多いでしょう。

でも、勢いだけで同棲を始めてしまうと、後悔するような結果になってしまうこともよくあります。

そこで今回は、「同棲」をスタートする前の注意点を紹介します。

 

■「期間」を決めておく

同棲を始めて一番失敗しがちなパターンが、ズルズルと時間だけが経っていってしまうこと。結婚しているわけでもないのに、すでに夫婦のような生活が長引いてしまうと、なかなかあえて結婚をしようという気にもならなくなってしまいやすいです。

同棲をスタートする前に、「結婚に向けて一年間だけ同棲しよう」などと、ふたりで話し合っておくことは大事でしょう。そこまできっちりと期間を決めなくてもいいですが、何も話し合わないままで同棲をしてしまうと、無駄に時間だけが過ぎていってしまう可能性は高いですよ。

 

■「目的」を持つようにする

ただ「好きだから」とか「一緒にいたいから」という理由だけで同棲をしてしまうと、飽きも早めにやってきてしまうかも。毎日を一緒に過ごしていると、刺激も当然なくなってくるので、飽きやマンネリは起こりやすいです。

でも、「結婚資金を貯めるため」とか「結婚生活の予行練習のため」など、同棲をする「目的」を決めておくと、ただ一緒にいるだけという感じにはなりにくいはず。「結婚」という目標をふたりで持つことができれば、もちろんゴールインもしやすくなるでしょう。

 

■「家族」に報告しておく

結婚を考えて同棲を始めるのであれば、前もってお互いの親には話しておくのがベスト。そうすることで、男性にも責任感が強く芽生えるので、常に心のどこかで結婚を意識するようにもなるでしょう。

別に結婚のあいさつをするわけではないので、そこまで仰々しくする必要はないですが、「親の許可は取っておく」ということは男性に伝えるべきです。それだけでも、男性の中で意識は大きく変わるはずですよ。

 

■「女性らしさ」は捨てないようにする

同棲生活を始めると、毎日一緒に過ごすようになるので、慣れが生じてきたり、恥じらいが薄れてきたりするものです。でも、そこで女性らしさのない姿ばかりを見せてしまうと、男性をがっかりさせてしまうだけです。

ゴロゴロばかりしていたり、裸でウロウロしたり、ゲップやおならを平気でするようになったり…。そんなことが増えていったら、男性も結婚する気になどなれなくなるでしょう。「女性らしさ」だけは常に保つようにしないと、“女”として見てもらえなくなってしまいますよ。

 

「同棲」はラブラブな毎日が続くようなイメージがありますが、実際はなかなかそんなわけにもいきません。勢いだけで同棲してしまわずに、前もってちゃんと彼氏と色々と話し合っておくことはとても大事でしょう。

【画像】

※ VGstockstudio/shutterstock

【関連記事】

※ これぞ理想!男性が「疲れているとき」に彼女にしてほしいこと

※ えっソレ!? 男子が女子の家にあると大興奮するモノ

※ ソレ、勘違いかも…男が「本気度が低い女性」にとる意外な行動

※ 喜ばれたい!男が「エッチ上達」のためにコッソリにしていること

※ これってもしかして…男が彼女の「浮気」を疑う瞬間

※ 脈なし確定?男が興味のない女子に送る「社交辞令LINE」