社内資料に使える画像

写真拡大

■社外秘の資料でも「私的」と認められない

社内プレゼンにちょうどいい写真をネットで発見。しかし、ネットで見つけた写真を資料に使うことについては慎重に考えたほうがいい。著作権法上、クロに近いグレーだからだ。

社内で使うだけで、外に出すわけではないから問題ないと考える人もいるだろう。しかし、それはよくある誤解の一つ。知的財産権に詳しい桑野雄一郎弁護士は次のように解説する。

「著作権には、著作権者の許可を得ることなく著作物を利用できる例外規定があります。たとえば「私的使用のための複製」(著作権法30条)も、その一つです。問題は社内資料への流用が私的使用に当たるかどうかですが、企業内の活動はすべて営利目的。たとえ配布する相手が限られていても私的使用といえず、適法とはいえません」

企業内での複製はすべて営利目的なので、社内会議で使用する場合はもちろん、自分一人で参考資料として使う場合ですら、法的にどうかといえば、アウトということになってしまう。

著作権法で認められた例外規定の「引用」(著作権法32条)についてはどうか。

「たとえば、ある風景写真を資料に載せるとします。撮影者や撮影方法など、その写真でなければ示せないことを説明するために使うなら、引用として認められる場合があります。しかし、風景のイメージを表現する目的なら、その写真ではなくほかの写真でもかまわないでしょう。この場合は引用に当たらず、著作権法違反の疑いが強い」

■フリー素材も100%安全ではない

著作権の例外規定はほかにもある。たとえばあるキャラクターを自社の商品に起用するかどうかを実際に検討する際、そのキャラクターの画像を資料に使うのは問題ない(検討の過程における利用:著作権法30条の3)。ただし、これも注意点がある。

「資料に留まらず、サンプル作成レベルになると、著作権法上問題になる可能性があるので、著作権者と交渉すべき」

このようにネットで見つけた画像を資料に使うのは縛りが多い。かといって自分で撮影したり、社内資料のために著作権者と交渉して許可を得るのは負担が大きすぎる。

現実的には、どのような対応が可能なのか。まず思い浮かぶのは、フリー素材やクリエイティブコモンズ(著作権者がある条件のもとに再利用を許可した著作物)素材の使用だ。しかし、これらも100%安全ではない。利用規約で営利目的での使用を禁じている場合があるからだ。利用するなら、確認してからのほうがいい。

以上の通り、著作権の規定は堅苦しいものなのだが、もし許可されていないものを社内資料で使ったらどうなるか。

「社内で使っている限り、現実には著作権侵害が発覚するリスクは高くありません。訴訟になったとしても、著作権侵害の度合いは低く、賠償額はわずかでしょう」

(文=ジャーナリスト 村上 敬 答えていただいた人=弁護士 桑野雄一郎 図版作成=大橋昭一)