中山こずゑ・横浜市文化観光局長

写真拡大

■アポロ11号月面着陸の同時通訳に感動

【三宅義和イーオン社長】今回は横浜市文化観光局長として、活躍をしていらっしゃいます、中山こずゑさんをお迎えしました。中山さんは文化芸術創造都市の推進、コンベンション・国際会議招致、フィルムコミッション推進、観光情報発信などを通して、横浜の魅力を世界に向かってアピールされています。

それ以前は日産自動車に在籍し、企画統括部長、ブランドマネジメントオフィス室長、ブランドコーディネーションディビジョン副本部長を歴任されていますね。確か、電気自動車「リーフ」の命名に携わったとも伺っています。日産自動車といえば、カルロス・ゴーン氏が社長として来日した際、社内の公用語は英語になると話題になりました。その際、管理職になるには、TOEICでスコアが何点以上ないといけないというような要件があったのですか。

【中山こずゑ・横浜市文化観光局長】TOEICのスコアが何点以上必要ということはありませんでした。ビジネスの世界ですから、もっと実用的だった気がします。実際に会議の席上で話せ、相手が何を言っているのか理解できるかどうか。またそうした場で、堂々と自分の意見を述べられるかというほうが大事でしたね。

もちろん、TOEICが満点とか、それに近いスコアの社員もいました。それは素晴らしいことですが、そういう人が全員流暢にしゃべるわけではありません。ですから、日産に何か基準があったとしたら、それはコミュニケーションできることだと思います。

【三宅】中山さんご自身の人生における英語との出合いは、やはり中学生からだったのでしょうか。

【中山】違います。私が英語を最初に意識したのは、まだ小学生で、1969年のアポロ11号の月面着陸のシーンをテレビで見たときでした。年齢がわかってしまいますが(笑)。西山千さんと鳥飼玖美子さん、お二人が宇宙飛行士とヒューストンの地上基地のやり取りを通訳しているのを聞いて、「すごいな。日本人で、こんなことができる人がいるんだ」と感動したんです。

親に聞いたら「同時通訳という仕事で、とても高い技能が必要だよ」と教えられて、同時通訳者になりたいと、本気で考えたぐらいです。そして、ラジオで文化放送の「百万人の英語」を聴き始めました(笑)。確か、夜11時からだったと記憶していますが一生懸命聴きました。

そのころ、ラジオをチューニングしていると、800キロヘルツぐらいに英語だけで放送している局がありました。極東放送網のFEN、現在のAFNですが、それを聴くようになったのが、小学校のたぶん高学年ぐらいだったですね。

【三宅】それこそ本物の英語ですね。そういったところから英語に触れられたわけですか。すると、中学校に入ってからも英語は得意科目でしたね。

【中山】得意というよりも、ビートルズの大ファンで、耳から聞いて、口ずさんでいました。でも、そうすると歌詞の意味が知りたくなるわけです。歌詞カードを見て「Let it be」って、どう訳すのだろうと。辞書を引くと「ありのまま」といった訳が出ていましたが、彼らの映画を見た瞬間、これは「ほうっとけよ」っていう意味だと確信しました。もちろん、いろんなニュアンスはあるのでしょうが、間もなく解散する前でもあり、「俺たち、これから別々の道を行くから、ほうっておいてくれ」という意味を、あの言葉に込めたのではないかと勝手に想像しました。それは高校生のときでした。

■「美しい夜景」と古建築ミュージアム「三溪園」

【三宅】英語がよくできる方で、音楽から入った人は、とても多い。やはり、耳から入る生の英語が、自然に身につくということは素晴らしい。それと、とにかく自分が興味を持てるジャンルから入る。興味がないものを英語でやれと言われても、なかなか大変ですからね(笑)。

さて、横浜市のインバウンド対応ですが、去年、訪日外国人訪問者数が2400万人を超えたということがニュースになりました。横浜市では市内の外国人延べ宿泊者数が、2012年に約40万人だったものが、2015年には約72万人と急増していますね。主にどの国や地域からの観光客が多いのでしょう。

【中山】基本的には日本の全体の構成とあまり変わりません。横浜市の場合は、客数で言うと1位中国、2位アメリカ、3位台湾。増加率ですと、中国とタイが伸びています。実は、市の観光のスタッフが、3年ぐらい前から、タイの観光客獲得に相当力を入れました。直近では対前年比で250%を超える数字になりました。ここは横浜市の特徴と言っていいでしょう。

それから、人数はまだ多くはないですけれども、インドネシアの観光客数は対前年比が約190%です。ここも、2年ぐらい前から、現地にスタッフが行って、積極的に横浜市の魅力をアピールした結果だと思っています。

【三宅】横浜市を訪れるということは、市内での飲食とか、買い物、宿泊、交通機関の利用をするわけでしょうが、海外から来られる人たちは、横浜市の何に期待して、どういったことにワクワク感を持っていると感じられますか。

【中山】そうですね。日産自動車時代にマーケティングとか、ブランドを専門として担当していた経験から、足元がどうなっているかを知ることが大事だと考えています。「想像だけではわからない」というのが、経験としてあります。

そこで、アジア各国に対して、非常に簡単なものでしたが、インターネット調査を行いました。具体的には、訪日意欲がある方を対象に名所や観光施設、食事メニューといった写真と情報を組み合わせて調査し、イメージやニーズの分析をすると、そこで出てきた答えが、横浜の魅力は「美しい夜景」と古建築のミュージアムと呼ばれる「三溪園」というものでした。

それで、この2つで押していこうということになったのですが、正解だったと思っています。このところの観光客の伸びはその成果と言えます。

■観光都市横浜はこれからが正念場

【三宅】横浜は、観光資源が豊富なので、ほうっておいても、来てくれる。自由に楽しまれるようなイメージもあるのですが、やっぱりそこはそこで綿密な調査をされて、興味を持ってもらえる情報発信が不可欠ということですね。

【中山】はい。時代は常に動いていますから、旧態依然とした思い込みほど怖いものはありません。パーセプションという英語があります。日本語では認識という意味ですが、横浜について、行政スタッフが思い込んでいるイメージと、外国から見られた横浜は違うわけです。例えば、日本人なら、横浜に対してエキゾチックといったイメージを抱くかもしれません。しかし、国籍や宗教的背景が違う人たちにしてみれば、必ずしもそうではないでしょう。だって、ヨーロッパの方たちにとって山手西洋館は、日常的によく見慣れた建物なわけですから(笑)。

【三宅】なるほど。私なんか田舎出身なので、横浜と聞くと、それだけで、もうすごくオシャレで、エキゾチックで、憧れてしまう響きがありますけれども(笑)。いずれにしても、海外からの訪問者が増えてくると、当然、その人たちに好印象を与えたいし、横浜市内の滞在を楽しんでもらいたいわけです。けれども、そこには言葉の壁があります。それは、観光客、そして市民の両方に当てはまることでしょう。現実的に用いられる言語は英語ではないかと推測しますが、これまで、横浜市として、外国人の宿泊者数増加に対して、どのような対応策を取ってこられましたか。

【中山】いま、外国の方にすごく人気があるのが、「50 THINGS TO DO IN YOKOHAMA」というガイドマップです。新聞1ページ大の地図を封筒ほどの大きさに折りたたんだもので、50の横浜の観光スポットやショップが紹介され、裏がみなとみらい21地区を中心にしたマップになっています。取材と記事は外国人の記者さんにお願いしました。そうすることで、私たちが普段、思ってもいない、気づかないことに、海外の人たちが興味を持っているということがよくわかりました。

例えば、私が全然知らなかったのは「爬虫類カフェ」。早速見に行きましたが、怖くて中に入れません(笑)。でも、外国の方の目線で編集すると、こんなところも紹介されるというのは、とても新鮮な発見でした。

さらに、文化観光局、あるいは市がプロモーションを行うときのキャッチコピーとして「Inspire Your Soul/Find Your YOKOHAMA」を使っています。観光ポスターにも刷り込んで、海外のお客さまには、訪れるたびに感性を刺激する「新しい横浜」を発見してほしい。私は、そうした施策を先手、先手で打っていかなければいけないと考えています。

とはいえ、最後はやはり、人と人であることは間違いありません。市内で外国人をガイドし、あるいはレストランでおもてなしする。タクシーのドライバーの方なら、目的地にスムーズにお連れする。それが本当のホスピタリティではないでしょうか。その意味では、これからが正念場だなと心して取り組んでいます。

(三宅義和・イーオン社長 岡村繁雄=構成 澁谷高晴=撮影)