24日、中国外交部の華春瑩報道官は、文部科学省が同日公表した16年度教科書検定結果で、南京大虐殺(南京事件)の犠牲者数を「通説的な見解がない」ことを明確にするよう求めたことについて「責任逃れの誤った行為だ」と批判した。写真は南京の民間抗日戦争博物館。

写真拡大

2017年3月24日、人民日報客戸端によると、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は同日の定例記者会見で、文部科学省が同日公表した16年度の教科書検定の結果で、南京大虐殺(南京事件)の犠牲者数について「通説的な見解がない」ことを明確にするよう出版社側に求めたことを受け「責任逃れの誤った行為だ」と批判した。

【その他の写真】

華報道官は、南京大虐殺の犠牲者数が盛り込まれなかったことについて、質問した日本の記者に対し「中国でこれほど長く仕事をしていて、南京へ行ったことがないのか」と反問。記者は「行ったことはあるが、今回のニュースを聞いてあなたがどう思ったかは分からない」と答えた。

華報道官は「南京大虐殺は日本の軍国主義が中国侵略戦争の過程で起こした重大な犯罪だ。証拠は山のようにあり、国際社会も認めている。犠牲者数も専門家が論証済みだ。日本政府による検定と修正指示は、歴史をあいまいにし、さらには否定するもの。責任逃れの誤った行為だ」と批判した。

さらに「日本の次世代に正確な歴史を伝えることを阻むだけではなく、国と隣国の過去の関係を知ることを阻害するものだ。他国との関係を教えることも難しくなるだろう。日本政府は自国民に正確な歴史、隣国に対する責任ある態度のあり方を教え、誤った歴史観を継承しないことを希望する」と述べた。(翻訳・編集/大宮)