テイラーの悪質タックルを受けて負傷退場のコールマンは骨折…

写真拡大

▽アイルランド代表DFシーマス・コールマンが、右足骨折の重傷を負ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が、アイルランド代表を率いるマーティン・オニール監督のコメントを伝えている。

▽アイルランドは24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループD第5節でウェールズ代表と対戦し、ゴールレスドローに終わった。コールマンはこの試合に先発出場を果たすも、70分にニール・テイラーの悪質なタックルを受けて負傷交代となった。なお、テイラーはレッドカードを受けて退場している。

▽『スカイ・スポーツ』によるとコールマンは右足の足首部分を負傷。ピッチを後にした直後に病院へと運び込まれたようだ。

▽試合後の会見に出席したオニール監督は、問題の場面について次のようにコメントした。

「本当に残念なことが起こってしまった。シーマスは、選手として、人間として素晴らしい人物だ。この結果に失望しているよ。今は病院に運び込まれているが、私が見た限りでは骨折だ」

▽またウェールズ代表のクリス・コールマン監督も、コールマンの負傷を受けてコメントを残している。

「何よりも大事なことはシーマス・コールマンの早い復帰だ。良くない状況だと聞いている。とても残念に思っているよ。テイラーは本来、あのような危険なプレーをする選手ではないが、今回は間違ってしまった。このようなことが二度と起こってほしくない」