和漢植物研究から生まれた薬用UV化粧下地

写真拡大

バスクリン(東京都千代田区)は、紫外線によるダメージをケアする「美漢精 薬用UV化粧下地」を2017年3月27日に発売する。「美漢精」は、和漢植物研究から誕生した素肌本来のチカラにアプローチするスキンケアシリーズ。通信販売限定で取り扱う。

バスクリン、通信販売限定発売

シワやシミの形成に深く関わっている原因の約8割と言われる"紫外線"に着目。紫外線をカットしながら肌荒れや乾燥を防ぎ、くすみ感のないなめらかで明るい艶肌を演出する薬用UV下地。

1日を通して紫外線によるダメージをケアし、美肌づくりに貢献できる日中の"紫外線対策アイテム"として、生薬由来の有効成分と独自保湿成分「ミロバラン果実エキス」「シソエキス」を配合した。

また、生薬甘草由来の有効成分「グリチルリチン酸2K」が紫外線や乾燥による肌荒れを防止。さらに、光拡散パウダーを配合することで、光の反射を利用して肌を自然に明るく演出する。

精彩なピンクベージュカラーがイキイキとした血色感のある印象に導いてくれる。紫外線吸収剤、香料、合成着色料、鉱物油、パラベン無添加。

内容量30グラム。価格は3780円(税込)、定期購入3280円(同)。