青い海をイメージした限定車

写真拡大

FCAジャパン(東京都港区)は、限定車「フィアット500 MareBlu(マーレブル)」を2017年3月25日に発売する。カタログモデルでは通常設定していない「1.2ラウンジ」がベース。

ニューカラー・エピックブルーをボディに設定

車名の「マーレブル」はイタリア語で「青い海」を意味し、ボディに設定したニューカラー(限定車専用色)のエピックブルー(ダークブルー)にぴったりな名称になっているという。

また、ソファのような座り心地が特長のポルトローナ・フラウ社のブラウンレザーシートを採用。さらに15インチアロイホイールなどの特別装備も限定車ならではのポイントだ。

ボディの深いブルーにシートのブラウンを組み合わせることで、シックでラグジュアリーな雰囲気を演出した。

全国のフィアット正規ディーラーで100台限定で取り扱う。価格は238万6800円(税込)。