トータルイーブンパーで2日間を終えた石川遼(撮影:GettyImages)

写真拡大

<プエルトリコ・オープン 2日目◇24日◇ココビーチG&CC(7,506ヤード・パー72)>
米国男子ツアー「プエルトリコオープン」は2日目に持ち越した第1ラウンドの続きと第2ラウンドを行い、2オーバー116位タイと大きく出遅れた石川遼は3バーディ・1ボギーの“70”でスコアを2つ伸ばし、トータルイーブンパーでフィニッシュした。現時点でカットラインは3アンダーで予選通過は厳しい位置となっている。
初日に9を叩いて厳しい表情を見せる石川遼
この日は1番から出てボギーが先行するも、そこから粘りのゴルフ。5番のパー5でバーディを奪い返すと、後半14番、最終18番もバーディとしボギーは1つに抑えてホールアウトした。初日は“9”を叩くなどして苦しんだが2日目に意地は見せた。
もう一人の日本勢岩田寛は3ボギー・1ダブルボギーの“77”とスコアを5つ落とし、トータル3オーバーで予選通過は絶望的となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>