写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(46)と原西孝幸(46)、フリーアナウンサーの杉崎美香(38)が25日、東京・赤坂のTBSにて、4月7日スタートの同局系通販バラエティ番組『キニナル金曜日』(毎週金曜9:55〜10:25)の囲み取材会に出席した。

同番組は、昨年末に藤本が地上波初の冠MCを務めた特別番組をレギュラー化したもの。視聴者の「キニナル!」に応えるべく、美容専門家やエステティシャン、家電芸人など各分野のスペシャリストたちが集結し、役立つ情報と共に、それぞれのシーンに合う商品をプレゼンしてスペシャルプライスで届ける。藤本と杉崎がMCを務め、原西もレギュラー出演する。

藤本は「このお話をいただいたときドッキリやと思った。僕をMCに抜てきするって無謀な感じがしたので」と告白。「FUJIWARAをレギュラーで使うと番組がすぐ終わるというジンクスがちらほらある。TBSさんで秋から始まった『クイズ☆スター名鑑』が3カ月で終わるという異例の…それを払拭するつもりでやりたい」と意気込んだ。

そして、原西が「これがFUJIWARAの代表作になり、のちのち映画にもなれば」と期待すると、藤本は「通販番組が映画!?」とツッコミ。その上で、「映画とはいかないけどゴールデンにはもっていきたい。そのくらい意気込んでおります」と語った。

また、原西が藤本のMCについて「声が小さい」と指摘すると、藤本は「ニーズにお応えしないと! 午前中の番組のMCの方は声を抑えているイメージがあるので」と説明。原西は「なかなか見れない相方が見られると思います」とアピールし、藤本も「メガネ男子のフジモンも見られるのもオススメ。ただの老眼ですが…カンペが見えなくて」と加えた。

さらに、「毎回芸人の方がプレゼンターとして来ていただいて、商品にまつわる漫才やコントも見られます。ほかの通販番組とは違う」と番組の魅力を語る藤本。昨年5月に第1子を出産し、この番組で本格復帰を果たす杉崎も、「新しい独自の路線をいってる」と自信をのぞかせた。