TOP COAT公式サイトより

写真拡大

「最近は、一般的な知名度も上がってきています。本人は『まだ変装して街を歩くような人気じゃないですよ』と、謙遜してましたけどね」(ドラマ関係者)

 先日最終回を迎えた土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)に出演していた中村倫也。映画『3月のライオン』や『先生!』などの話題作にも引っ張りだこだが、その裏には福田雄一監督の存在があるという。

「彼の所属事務所トップコートでは、引退した成宮寛貴の次に期待されていた役者だったんです。実際、芝居の評判はいいんですけど、見た目が地味で、なかなかブレークしなかったんです。それが、福田監督の目に留まってドラマや映画だけでなく、舞台でもキャスティングの上位候補に名前が挙がるようになったそうです」(芸能事務所関係者)

 トップコートといえば、いまや若手俳優の中でもトップクラスの松坂桃李菅田将暉がいるが、この2人も中村のことを慕っているという。

「彼はめちゃめちゃ性格がいいことで有名ですよ。怒ることはないですし、順応性も高いので後輩からの信頼も厚い。菅田クンなんかは、よく舞台も観に行ってるみたいです。後輩が売れているのに、くさらずにコツコツやっている姿は立派ですよ。彼のライバルは、田中圭さんや浅利陽介さんあたりになりますが、ギャラは彼らに比べて格安なので、今後も露出は増えそうです。女性関係も、今のところは安心ですね」(映画関係者)

 成宮寛貴の穴を埋めることはできるか?