稲田朋美HPより

写真拡大

 これだけの嘘を重ねて、まだ大臣に居座るつもりなのか。──昨日行われた証人喚問で籠池泰典理事長が、2016年1月に稲田朋美防衛相の夫で弁護士である龍示氏の事務所において近畿財務局と大阪航空局の職員と面談。そこで「今回の土地の事柄を相談した」と発言した。そして本日、稲田防衛相はこの面談を"事実"と認めたのだ。

 本日、国会でこの件について追及を受けた稲田防衛相は、「夫の稲田龍示弁護士からは『自分(龍示氏)は土地売却には一切関係していない、君は森友学園の顧問になったことはない』との説明を受けておりました」と弁明。しかし、昨日の籠池証言を受けて夫に確認したところ、このような返答があったという。

「籠池夫妻が平成28年の1月年明け早々に弁護士法人光明会に、平成21年8月ごろの顧問契約終了以来、いきなり連絡してきて、すぐに相談を聞いてほしいということでした。
 まず、1月8日に、籠池夫妻が光明会事務所(編集部注:稲田夫妻が設立した弁護士事務所)に来られました。詳細は不明ですが、小学校をつくるということ、そのために土地を借りているが土壌汚染対応の立て替え費用を国が返してくれないというような内容でした。この日はそのような話で終わり、その後、籠池氏から再度連絡があって、立て替え費用について財務局や航空局の方と話がしたいから、その場に立ち会ってほしいという依頼がありました」

 ここで話し合われている「土壌汚染対応の立て替え費用」とは、昭恵夫人付きの職員・谷査恵子氏のファクスで財務省が「平成28年度の予算で調整中」と返答していたものと同じ内容だが、これを籠池理事長は稲田防衛相の夫にも相談していた、というわけだ。

 しかも、龍示氏は「代理人として話を聞くことはできないし、本件について発言することもないが、それでよければ構わない」と返答し、16年1月27日に事務所の会議室を提供。稲田防衛相は「財務局や航空局のどなたが何名来られるかもわからなかったところ大勢で来られたので、急遽椅子をたくさん入れて対応しました」などと話した。

 そして、稲田防衛相は「(龍示氏は)話し合いに同席だけすることとなったといった趣旨のことを述べ、その後はほとんど発言してない」「売却の話ではなく、借地の土壌汚染対応の立て替え費用の返還の話」「この件について費用は受け取っておらず、これ以降、先方からは何の連絡もありません」と必死になって強調した。

 だが、いくら取り繕うとも、自身の夫が国有地の土地取引にかかわっていたことは明確な事実だ。そもそも、稲田防衛相は国会答弁で「10年前に籠池氏から大変失礼なことをされて関係を断っている」と主張していたが、そんな「大変失礼なことをされた」相手に、なぜ夫である龍示氏は顧問弁護士を退任していたというのに「立ち会い」を引き受けたのか。

 だいたい、普通に考えれば、籠池理事長が龍示氏に立ち会い人を依頼したのは、「稲田防衛相の夫」という閣僚関係者の威光にあやかる目的があったとしか思えない。防衛相が設立した事務所で、防衛相の夫が立ち会うなかで話し合う──近畿財務局や大阪航空局の職員にとってみれば、それだけで「政治家案件」と認識するに十分だろう。そんな見え透いた目的に加担するように、龍示氏は易々と引き受けているのである。

 さらに、この事実について、稲田防衛相は籠池証言が飛び出すまで知らなかったとは到底思えない。稲田防衛相をめぐっては、あれだけ「私が弁護士時代に森友学園の顧問だったということはないし、法律的な相談を受けたこともない」と国会で言っていたにもかかわらず、2004年12月に学校法人森友学園が起こした民事訴訟の第1回口頭弁論に出廷していたことが記録によって判明するという醜い「虚偽答弁」が明らかになったばかり。事実が表沙汰になっても「記憶に基づいた答弁」という詭弁で乗り切れるとでも思っているのだろう。

 むしろ、今回の一件で疑いが深まったのは、はたして稲田防衛相は本当に籠池理事長との関係が切れていたのか、ということだ。事実、昨年10月22日に稲田防衛相は籠池理事長に「防衛大臣感謝状」を贈呈しており、「関係を断って」いたとは信じがたい。

 しかも、それだけではなく、籠池理事長がすでに明かしているように、稲田防衛相だけでなく父である故・椿原泰夫氏とも籠池理事長は関係が深かった。椿原氏は「頑張れ日本!全国行動委員会」京都本部代表を務めるなど関西では有名な極右運動家だったが、「週刊朝日」(朝日新聞出版)3月31日号によれば、椿原氏が幹部を務める右派団体に籠池理事長も所属していたといい、さらには〈稲田氏が特別顧問を務める自衛隊の協力団体「関西防衛を支える会」にも籠池氏は入会していた〉という。

 籠池理事長は外国特派員協会で開かれた記者会見でもヘイト思想を開陳していたが、そうした思想を共有する"同志"として、稲田防衛相は親子ともども付き合ってきたのである。既報の通り、稲田氏には2006年に文科省が塚本幼稚園の教育勅語暗唱を「適当でない」とコメントしたのに対し、「なぜいけないのか」と恫喝していた過去もある。籠池理事長が設立を目指した小学校は、稲田防衛相にとっても「理想の小学校」であったことは疑いようもない。

 籠池理事長は証人喚問で龍示氏の関与のみならず、稲田防衛相も顧問弁護士であったことや件の訴訟以外にも森友学園の訴訟にかかわっていたと話したが、これらについて稲田防衛相は否定している。だが、これまで嘘を吐き続けてきたことを考えれば、今後、新たな事実が出てくる可能性もある。

 いや、稲田防衛相だけではない。自民党は「籠池証言はでたらめばかり」と強調するが、龍示氏の一件や、例のファクスのように昭恵夫人が土地取引に関わっていたことを示す事実も証人喚問によって飛び出したものだ。自民党が何を隠したがっているのか。それを明らかにするためにも、まずは一刻も早く昭恵夫人の証人喚問を行うべきだ。
(編集部)