この春から彼と遠距離恋愛という女子もいるでしょう。今まで彼とこまめにデートしてたのに、なかなか会えないとなると不安ですよね……。でも遠距離恋愛って寂しさはあるけど、意外とそこまで難しくもないです。遠距離恋愛を続ける秘訣はこれ。

連絡・デートの頻度はある程度決めたほうがいい

遠距離恋愛、なかなか彼に会えないからマメに連絡をとりたいと思う女子は多いでしょう。彼もそういうタイプならマメに連絡をとったほうがいいですが、そうでない場合、マメな連絡は少し負担になります。男子のなかにはLINEは2〜3日に一回くらいでいいという人や、1週間に一度電話で近況報告するくらいでいいという人もいます。
その場合二人の連絡の理想にかなり差がありますよね。ケンカや負担にならないためにも一度話し合ったほうがいいです。デート頻度も同じで、ふたりの理想がかけ離れているのなら要話し合いです。

交通費はフェアになるようにする

遠距離恋愛と言ってもどれくらい離れているかにもよりますが、新幹線や飛行機を使わないと相手に会えない、という場合交通費はバカになりませんよね。そうなると片方だけが通うのはアンフェア。お互いの中間地点で会うか、交互に行き来するのが好ましいです。「忙しいんだからそっちが会いにきてよ」なんてワガママは破局をむかえるだけなので、忙しくても彼と関係を続けたいのであれば呼ぶのではなく行くことも必要。

嫉妬や束縛は破局のもと

なかなか会えないと「もしかしてほかの子と浮気してたらどうしよう……」とか「最近連絡少ないけど冷めちゃったのかな……」と不安になりますよね。だからと言って束縛したところで見えないのだからしょうがないです。勝手に妄想して嫉妬しても彼は困るだけ。遠距離恋愛を長続きさせたいのであればお互いを疑わないこと。別れたくないのであれば信じるしかないんです。

寂しい気持ちは隠さない

女子のなかには「寂しいって言ったら重いかな……」と嫌われるのを怖がって彼に寂しい気持ちを伝えられずにいる女子もいるでしょう。でも我慢しているといつかは爆発します。結果破局を招くので寂しい気持ちは隠す必要はないです。ただ重すぎると彼も「こんなにツライ思いをさせているのならもう別れたほうがいいのでは……」と考えてしまうかもしれないので、「○○くんに会えなくて寂しい……仕事も手につかない……」ではなく「寂しいからスマホの壁紙○○くんにしました(笑)」など明るい寂しさのほうが彼も受けとりやすいです。