ガンバ大阪のGK藤ヶ谷陽介【写真:Getty Images】

写真拡大

 J1リーグのガンバ大阪が24日、浦和レッズ戦で負傷した36歳のGK藤ヶ谷陽介の怪我を診断した結果、”左ヒラメ筋肉離れ”であることを発表した。全治については明らかにしていない。

 先日、FC東京戦に出場したGK東口順昭が大久保嘉人と衝突し”左頬骨骨折”したことをクラブが発表していた。そして、正守護神の代わりにGK藤ヶ谷が浦和レッズ戦に出場。しかし、後半終盤に負傷しGK田尻健と途中交代をしていた。

 GKに負傷者が相次ぎ、厳しい状況となっているG大阪。現在は代表ウィーク中のため、J1リーグの試合は中断期間に入っている。4月1日に行われるアルビレックス新潟戦では、どの選手が守護神を務めることになるのだろうか。

text by 編集部