写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京セラと大阪ガスは3月24日、家庭用燃料電池「エネファームtype S」で発電した電力を充電できる蓄電容量3.2kWhの国内住宅用定置型リチウムイオン蓄電システム「スマートエネルギーハウス蓄電システム(SEH蓄電システム)」を共同で開発したことを発表した。

同製品は、大阪ガスが有する燃料電池、太陽電池、蓄電池の最適制御に関するノウハウと、京セラが有する蓄電システムのノウハウをベースに開発された製品で、 エネファームtype Sの発電ポテンシャルを最大限に引き出す設計が為されているという。具体的には、もっとも発電効率が良い運転状態である700W定格出力運転の時間を長くすることを目的に、深夜など電気使用量が少なく700Wに満たない時間帯には、発電した電力をSEH蓄電システムの充電に充てることで稼働率を高めるといったことを可能とするとしている。

また、燃料電池と太陽電池に、SEH蓄電システムを加えた3電池を最適制御した場合、従来システムと比較して、家庭における年間の一次エネルギー(石油・石炭・天然ガスなど)消費量を約62%削減することが可能になるともしている。

なお、同製品は2017年4月からの販売開始を予定しており、セット希望小売価格は本体+別売部品標準セットで160万円(税別)となっている。

(小林行雄)