宇宙で二人ぼっちになった男女を描く映画『パッセンジャー』は、まるでSF版『タイタニック』! 実はめっちゃラブストーリーなのだ

写真拡大


【公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップしたのはSF映画『パッセンジャー』(2017年3月24日公開)です。「SF映画は苦手〜」という女性は多いかもしれませんが、本作は女性にオススメのSF映画。なにしろロマンスがありますから。それもジェニファー・ローレンスとクリス・プラットの!

宇宙船の中で二人だけ目覚めてしまった。絶望的な中、二人はどうする? 監督は『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』で実力を認められたモルテン・ティルドゥムです。

【物語】

地球から惑星への移住計画のため、5000人もの人が宇宙船に乗り込みます。彼らはそこで120年間冬眠。目覚めたときには新しい生活が待っているのです。しかしある日、ジム(クリス・プラット)は、突然目覚めてしまいます。到着まで90年間「どうしたらいいんだ!」。彼は絶望的な日々を過ごします。

けれども、もうひとり目覚めた女性がいました。オーロラ(ジェニファー・ローレンス)です。広い宇宙船で二人だけ。お互いのことを語り合い、二人は心惹かれていきますが……。

【宇宙を舞台にした『タイタニック』?】

SF映画だとしり込みをしていたら、なんと宇宙空間という舞台設定の中で繰り広げられる『タイタニック』だったのです!

この宇宙船にはクラスがあり、ジムはロウアーデッキ(エコノミークラス)の乗客で、オーロラはゴールドデッキ(ファーストクラス)の乗客です。ジムはエンジニア。シャイであか抜けない男性で、移住したら惑星で家を建てたいと夢を持っています。

一方、オーロラは裕福な家庭で育ったお嬢様。ニューヨークで作家として活躍しており、移住後は宇宙移住体験を執筆する目的をもっていました。でもそれは、あくまで120年間目覚めずに惑星に到着しないと叶わないこと。そんな二人が目覚めて宇宙船で出会いました。

『タイタニック』のジャックは画家志望の貧しい青年、ローズはお嬢様で、二人が出会ったのは豪華客船、そしてあのタイタニック事件に巻き込まれてしまうのですが『パッセンジャー』の二人と設定が似ています。ただジャックとローズは惹かれあっても、婚約者がいたり、周囲の反対にあったりという障害がありました。

でもジムとオーロラの周りには誰もいません。いるのは宇宙船バーのロボットバーテンダーのアーサー(マイケル・シーン)だけ。あと90年、老いるしかない状況、惑星移住は叶わない。二人にとっての障害は、人生を打ち砕いた “目覚め” です。そんな絶望状態の二人が理解を深めて愛し合うのに時間は要しませんでした。

【前半からビックリの展開に】

しかし、これは映画を見た人だけがわかることなのですが、前半に重大な出来事があるんですよ。観客はそれを知りながら物語を見つめていくことになるので、ちょっと気が気じゃないんですね。

「えー!」と思う人もいるだろうし「かわいそう」と思う人もいるだろうし、引き裂かれるような気持ちになる人もいるでしょう。けっこうそこで、見る方もいろんな感情が交じり合うのではないでしょうか。そこはうまく仕掛けてきたなあと思いました。二人がただ愛し合う姿を見せるのではなく、その裏にあることを観客にあらかじめ見せておくことで「どうなるんだろう」と思わせられますからね。「イチャイチャしまくっている場合か?」みたいな。

【ジェニファーのサービスショットと豪華宇宙船】

数々の設定やストーリーはあれど『パッセンジャー』のキモはやはりジェニファー・ローレンスとクリス・プラットが主演を務めたことでしょう。広い宇宙船は豪華仕様になっており、食べ物も衣類も何でもある空間で、『オデッセイ』みたいに “火星でぼっち” になって植物を育てたりしなくてもいいんです。ガラーンとした宇宙船の空間の中で華やかさを維持するのは結構大変。だからこそ、スター俳優の二人が必要だったのでしょう。

特にジェニファーはけっこう露出も多く、セクシーな水着姿も登場し、サービスカット満載です。すごくピンチな状況なのに「なぜ水着でプールにいる?」と思ったりするシーンもありましたが、ジェニファーの水着姿をパニックに結び付けて、これでもかと見せ場の上乗せしたのかもしれません。

【SF好きよりラブストーリー好きにオススメ】

宇宙船の『タイタニック』みたいな話ですから、SFマニアの男子にはあまりオススメできないかも。ていうか「ありえない」「これはどうなっているんだ」と突っ込んできそうです。でも逆にラブストーリー好きの女性はOKだと思うので、女子同士で見に行くのもありですね。

執筆=斎藤 香 (c)Pouch

『パッセンジャー』
(2017年3月24日より、TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー)
監督:モルテン・ティルドゥム
出演:ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシアほか

この記事の動画を見る