[故障者情報]

 ヴァンフォーレ甲府は24日、FWガブリエル(21)が検査の結果、右足関節靭帯損傷および右足関節剥離骨折と診断されたことを発表した。同選手は26日にブラジルに帰国して治療に専念する。全治は10週間。

 ガブリエルは今季よりサンパウロから期限付き移籍で加入中。ただしリーグ開幕戦とルヴァン杯の第1節でベンチ入りしたものの出場はなく、試合出場はなかった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ