写真提供:マイナビニュース

写真拡大

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は3月、日本アイ・ビー・エムの支援により、「IBM Watson Explorer」導入に向けた実証実験を終えた。その結果を受け、2017年度中に保険金・給付金等の支払業務への本格活用を開始する予定。

IBM Watson Explorerとは、データを分析し、傾向や関係を明らかにしながら、情報の探索、分析、解釈を支援するソフトウェア。

これにより今後は、保険金・給付金等の「自動支払」の実現を通じて、現状では平均3営業日程度かかる支払までの所要期間をさらに短縮し、利用者から受け付けた請求(医療機関への確認が必要な請求等を除く)の約30%を当日中に支払い手続きすることを目指すという。

診断書等に記載された傷病名や手術名にコードを自動で付与し判断を支援、事案ごとの認定の難易度判定、過去の支払結果を継続的に学習して認定精度を向上させるなど、これまで複数名で複層的に行っていた支払工程を効率化することで、利用者へより迅速な保険金・給付金等の支払いを実現するとのこと。