アウェーで2−0完勝の日本を韓国メディアは褒め称えた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト特派)

写真拡大 (全3枚)

 敵地でUAEを2-0で下した日本代表の試合結果は、韓国でも詳しく報じられている。

「復讐成功の日本、UAEを2-0で完破」(スポーツ&芸能メディア『OSEN』)「スマート+効率の日本、実利を選んで本大会に向けて巡航」(サッカーメディア『インターフットボール』)などで、長谷部誠、郄萩洋次郎、宇佐美貴史ら故障者続出でも勝利したことを踏まえて、「“負傷悪霊“を克服した日本、ワールドカップ進出青信号」(総合スポーツメディア『スポーツ韓国』)と報じるところもあった。

 普段はハリルジャパンに厳しい指摘も辞さない韓国メディアだが、アウェーでの完勝だっただけに認めざるを得ないのだろう。
 
 ただ、いずれも試合経過を報じる程度に止まっており、それをそのまま訳しても芸がない。そこで今回はサッカーメディア『FOOTBALLIST』の記者で、ケーブルテレビ局『sky SPORTS』で解説者しても活躍するハン・ジュン氏に事前にUAE対日本戦をチェックするようお願いしたのだが、ハン・ジュン氏が真っ先に切り出したのは、ハリルジャパンの戦略の成功だった。
 
「基本的に日本はパスワークに長けて選手たちも自信を持っていると思うが、UAE戦では裏のスペースへの侵入とサイドからのクロスを適切なタイミングで活用しながら、相手のプレッシングをかわしつつディフェンスラインの後ろを崩す戦略が印象的だっだ。

 スルーパスやワンツーでのパス交換だけではUAEを崩せないことを、熟知していたのだろう。UAEのオマル対策もしっかり立てたようだったし、選手たちの守備時のポジショニングと集中力も良かった。ホームでの借りを返そうという雰囲気もあったし、日本はUAEよりも老練で組織的な完成度が高かった」
 
 そのなかでもハン・ジュン記者に印象的に映ったのは、日本の攻撃だったという。
 
「日本はもともとボールキープに長けたチームだが、UAE戦では無駄にボールと人を動かさず、シンプルかつ効率的にプレーする姿が印象的だった。久保が決めた先制点の過程もそうだっだが、左右のサイドバックを活用したサイド攻撃に威力があり、良かったと思う。日本は以前よりも、鋭く研ぎ澄まされたチームになった印象だ。小さくまとまったという意味ではなく、質が密で濃いという意味での“コンパクト”さがあった」
 そんなハリルジャパンのアタッカー陣のなかで特に印象的だったのは、原口だったという。

「先制点を決めた久保も良かったが、個人的に印象的だったのは左右両サイドで単体でも勝負できていた原口だ。彼は、“どこまでキープすべきか、いつどのタイミングで中に切れ込むべきか”ということをよく考え、実践していた。原口のような存在がいることは大きい。また、彼が果敢にゴール前に飛び出せるようその過程を支援したサイドバックの長友と酒井も印象的だった」
 
 ハン・ジュン記者は、韓国のメディアやファンの間でなにかと容赦ない指摘を受ける香川については言及しなかったが、本田について語ることは避けなかった。
 
 韓国メディアの多くが、本田がミランで出場機会を得られず、UAE戦でもスタメンから外れた程度のことしか触れていないが、ハン・ジュン記者にそれをぶつけると率直にこう語るのだった。
 
「確かに本田はミランでプレーできず試合感覚に不安が残る。ただ、自己主張があり、個性が強い本田は、日本代表に必ず必要な存在だと思う。なによりも彼にはFKやキープ力といった確固たる武器がある。ジョーカーとして、あるいは試合を締めくくるクローザーとして機能するはずだし、本田が今回のような役割を受け入れるなら彼はロシア・ワールドカップでも十分に日本の切り札として活躍できるだろう。