2017年夏頃発売予定となっている「Splatoon2(スプラトゥーン2)」ですが、正式リリース前の3月25日・26日の2日間、Nintendo Switchを持っていれば誰でも先行プレイが体験できる「スプラトゥーン2 先行試射会」が開催されます。先行試射会では一体どんなステージ&ブキで遊べるのか、また、準備しておくべきことはあるのかなどをまとめました。

『スプラトゥーン2 先行試射会』のソフトが配信開始! 新ステージもプレイ可能に! | トピックス | Nintendo

https://topics.nintendo.co.jp/c/article/fd077212-04b3-11e7-9aaf-063b7ac45a6d.html

◆試射会の開催日時

スプラトゥーン2 先行試射会は専用のソフトが任天堂公式のオンライン配信サービス「ニンテンドーeショップ」上で配信中。試射会なので誰でも無料でダウンロード可能ですが、これを実際にプレイできるのは3月25日と26日の4時〜4時59分、12時〜12時59分、20時〜20時59分の時間帯のみで、合計約6時間のみです。試射会用のソフトは既にダウンロード可能となっているので、試写会が始まる前に入手しておくのが得策。



なお、試射会前にゲームをプレイしようとするとこうなります。

「スプラトゥーン2 先行試射会」を開始時間前にプレイしようとするとこうなる - YouTube

◆使えるブキ

試射会で使えるブキは4種類で、初代スプラトゥーンでも登場した「スプラシューター」「スプラローラー」「スプラチャージャー」と、最新のイカ界隈で流行しているという「スプラマニューバー」の計4つ。ブキはメイン・サブ・スペシャルという3つがセットになっているのですが、試射会で使えるブキの構成はNintendo Switch プレゼンテーション 2017で開催された体験会のものから一部変更が加えられています。



・スプラシューター

初代スプラトゥーンでも登場したオーソドックスなシューター系ブキ。操作感に特に変化はないのですが、配色やデザインには微妙に変化アリ。

『スプラトゥーン2 先行試射会』スプラシューター紹介動画 - YouTube

サブウェブポンは初代スプラトゥーン時代と同じ「クイックボム」で、スペシャルウェポンはスプラトゥーン2で新登場となる「マルチミサイル」。



ロックオンした相手全員に自動追尾するミサイルを発射できるスペシャルウェポンで、1人あたり4発、最大16発のインクミサイルを発射可能。実際に使うと以下のムービーのようになります。

『スプラトゥーン2 先行試射会』マルチミサイル紹介動画 - YouTube

・スプラローラー

こちらも初代スプラトゥーンで登場しており、ローラー系の基本となるようなブキです。初代からモーションが少しだけ変化しており、シャンプしながらインク攻撃をするとローラーを「タテ振り」するようになったため、射程は伸びて攻撃範囲は狭くなっています。

『スプラトゥーン2 先行試射会』スプラローラー紹介動画 - YouTube

タテ振りの追加で注目されているローラー系ブキですが、他にも塗りながら移動すると少しだけスピードが速くなるという特徴があるので、「ローラーはコロコロ派」という人には朗報かも。



スプラローラーのサブウェポンは体験会時は「カーリングボム」でしたが、試射会時には「キューバンボム」に変わっています。そして、スペシャルウェポンは「スーパーチャクチ」となっています。



スーパーチャクチはインクを足もとの地面にたたきつけて攻撃するスペシャルウェポンで、スーパージャンプの着地時にも使えます。着地後の隙は少ないのですぐに追撃可能とのこと。

『スプラトゥーン2 先行試射会』スーパーチャクチ紹介動画 - YouTube

・スプラチャージャー

チャージャー系ブキはチャージ後に少しだけインクに潜って移動できる「チャージキープ」が可能となっています。

『スプラトゥーン2 先行試射会』スプラチャージャー紹介動画 - YouTube

サブウェポンは初代にもある「スプラッシュボム」で、スペシャルウェポンは新登場の「ハイパープレッサー」。長射程ブキのスペシャルウェポンも長射程という組合わせ。



インクを高圧で発射して遠くの相手も攻撃できるスペシャルウェポン。インクは壁を貫通するので障害物に隠れた相手も攻撃可能です。

『スプラトゥーン2 先行試射会』ハイパープレッサー紹介動画 - YouTube

・スプラマニューバー

初代スプラトゥーンにはなかった新ブキで、二丁拳銃のように両手に持ってインクを発射する新しいスタイル。インクを撃っている際にBボタンを押すとスティック方向に2回まで高速移動できる「スライド」というアクションが特徴的。スライド後は少しの間動けなくなるものの、一点集中の高速連射ができるようになります。

『スプラトゥーン2 先行試射会』スプラマニューバー紹介動画 - YouTube

体験会時のサブウェポンは「キューバンボム」でしたが、試射会時は「カーリングボム」に変わっています。カーリングボムはチェイスボムのように地面を滑るように進むボムですが、壁に当たると跳ね返るという特性を持っています。構えている時間によって爆発までの時間を調節可能なので慣れるまで練習が必要そう。



体験会ではその特性をまったく頭に入れていなかった編集部員が壁にぶつかって跳ね返ってきたカーリングボムにやられてしまいました。

新サブウェポンの「カーリングボム」が壁で跳ね返ってくる様子 - YouTube

任天堂公式からもカーリングボム紹介のムービーが公開されており、以下を見ればどんなボムになっているのかわかります。

『スプラトゥーン2 先行試射会』カーリングボム紹介動画 - YouTube

スペシャルウェポンは「ジェットパック」。



新しいスペシャルウェポンの「ジェットパック」は、インク噴射で空を飛びながら相手を爆撃できるスペシャルウェポン。障害物を飛び越えることができますが、稼働時間が切れるとスペシャルウェポンを発動した場所に戻されるので注意。ZLボタンで高度を下げられるほか、Bボタンで瞬間的に高度を上げることも可能。

「Splatoon 2(スプラトゥーン2)」のスーパージャンプ&新スペシャルウェポン「ジェットパック」 - YouTube

任天堂公式からもジェットパックの紹介ムービーが公開されています。

『スプラトゥーン2 先行試射会』ジェットパック紹介動画 - YouTube

なお、2017年1月に行われた体験会の様子は以下の記事を読めばよく分かります。

Nintendo Switchでリリースされる「Splatoon 2(スプラトゥーン2)」のイカしたバトルを体験してみた - GIGAZINE



◆ステージ

今回の先行試射会では2つのステージでナワバリバトルをプレイ可能。ステージのひとつはNintendo Switch体験会でお披露目された「バッテラストリート」。ただし、試射会に向けてステージが改良されたそうで、形が若干変化しているとのこと。たしかによくよく見てみると、ステージ中央にある橋が石造りのアーチ状ものになっているのがわかります。



スタート地点から段差を降りて主戦場となるマップ中央に向かう形のステージです。



もうひとつのステージは「フジツボスポーツクラブ」で、中央から両脇に向けてのスロープが特徴的。かなり見晴らしがよさそうなので上手なチャージャーとは当たりたくないステージかも。





◆操作方法

操作方法は初代スプラトゥーンから大きな変化はないものの、Xボタンでマップ画面を表示することになったので、ジャンプはBボタンで行うこととなります。なので、最初は「ジャンプするつもりがマップを表示してしまった」という操作ミスも多く起こりそうなので要注意。



Xボタンでいつでも表示可能なマップは以下のような感じ。マップを開くと完全に視界が遮られてしまいます。自分以外の味方に矢印が割り当てられていて、矢印+Aボタンでスーパージャンプ先を選べるようになっているわけ。ゲーム開始時に誰がどこに割り当てられているかを把握しておけば、マップを開いて即スーパージャンプすることもできそうです。



スプラトゥーン2でスーパージャンプを行う瞬間は以下のムービーで見られます。

「Splatoon 2(スプラトゥーン2)」のスーパージャンプ&新スペシャルウェポン「ジェットパック」 - YouTube

◆その他の追加要素や変更点

他にもさまざまな追加要素がありますが、これらがすべて試射会時に見られるのかどうかは不明。しかし、ただプレイするだけでなく、ギアやステージなどの細かい部分にまで目を光らせておくと、新しい発見が見つかり試射会をより有意義に楽しめるかもしれません。

スタート地点のデザインが変更



髪型とボトムスのバリエーションも増えており……





さらに、ギアブランドも新しいものが追加されているので、これまでとは異なるファッションでゲームが楽しめそう。



加えて、イカたちが背負うインクタンクのデザインも新しくなっている模様。言われなければ気づけないレベルかもしれませんが、プレイ時には常に視界に入ってくるインクタンクなので意外と違和感が出てきたりするのかも。