スキマスイッチ書き下ろしの『メ〜テレ開局55周年テーマソング』が完成

写真拡大

 スキマスイッチが、地元 愛知県と岐阜・三重を放送エリアとするメ〜テレ(名古屋テレビ放送)の開局55周年テーマソング「ココロシティ」を書き下ろし、この度完成した。

スキマスイッチ レコーディング写真(全3枚)

 この曲は、2017年4月1日に開局55周年を迎えるメ〜テレから、「音楽の力で、もっと! 地元の人たちを元気にしたい!」という熱い思いを聞き、制作することが決定。スキマスイッチが公式に地元をテーマにしたコラボ曲を制作するのは今回が初めてで、歌詞の随所に「栄」「久屋大通」「テレビ塔」など、東海地方ではおなじみの地名や場所が登場する。

 スキマスイッチは、「こういう機会を頂いて、地元の歌を作れたというのはすごくうれしいですし、プレッシャーもあるんですけど、この歌が、名古屋の人たちが働いたり、遊んだり、活動しているときのBGM、背景になってもらえればいいなと思います。」とコメント。

 今後メ〜テレの55周年の関連番組やイベントなど、さまざまな場面で「ココロシティ」が用いられるとともに、本日24日より、『メ〜テレ開局55周年記念サイト』でも楽曲を楽しむことができる。

◎メ〜テレ開局55周年記念サイト
https://goo.gl/BoJFJQ