<パソコンを持ち込めずに時間を持て余したなら、ロイヤル・ヨルダン航空が提案する12の方法を試してみては?>

入国禁止令だけでは足りないのか。トランプ政権は20日、テロ対策として中東と北アフリカの10カ所の空港を出発するアメリカ行きの便でスマホと医療機器以外の電子機器の機内持ち込みを禁止した。

禁止対象となる空港は、エジプトのカイロ、トルコのイスタンブール、クウェートのクウェート市、カタールのドーハ、モロッコのカサブランカ、ヨルダンのアンマン、サウジアラビアのリヤドとジェッダ、アラブ首長国連邦のドバイとアブダビ。

【参考記事】米英が電子機器持ち込み禁止、中東・北アフリカ出発便で

乗客は最長14時間のフライトをパソコンやタブレットなしでただ耐えるしかないのだろうか──「そんなことはありません」と、気のきいた対応を打ち出したのは、トランプ新規制の乗客への連絡にもいち早く対応していたロイヤル・ヨルダン航空。自社のフェイスブックページに利用者へのお知らせとして「PCなしで12時間過ごす方法」を掲載した。

1 ) 本を読む
2 ) お菓子をつまむ
3 ) 隣の人に話かけてみる
4 ) 瞑想する
5 ) 1時間ぐらいかけて見る映画を決める
6 ) 空を飛んでいる奇跡に改めて感動する
7 ) ネットがなかった時代の原始的な会話を楽しむ
8 ) 肘掛を取り合う
9 ) テーブルをキーボードだと思う
10 )機内免税店で買い物をしまくる
11 )人生の意味を考察する
12 )PCを持ち込めない理由を考える

パソコンを持ち込めない理由を考え始めたら、眠れなくなるかもしれない。今回の規制にはそもそも意味がないという見方もあるからだ。湾岸アラブ諸国の空港は、アメリカと同様の厳しい安全対策を講じている。この規制の対象にもなっているアブダビ空港には、米国土安全保障省が運営するアメリカの入国審査を受けられる設備もある。

また、今回の規制は直行便に限定されている。アメリカへの直行便を避けてヨーロッパ経由にすれば、パソコンを持ち込むこともできる。

【参考記事】パイロットも殺害していた「イスラム国」の非道

【参考記事】パソコン一台で航空機を乗っ取り?

テロリストがこれまで中継地点として利用してきたパキスタンが今回の規制対象になっていないのもおかしな話だ。パキスタン国際航空はこの抜け穴を逆手に取ってツイッタ―に投稿した。

知ってる? パキスタン国際航空ならPCもタブレットも持ち込めるってこと

興味深いことに、アメリカに続いて電子機器の持ち込みを禁止したイギリスは、アラブ湾岸諸国の空港を対象から外している。

トランプの真意はともかく、ロイヤル・ヨルダン航空が退屈なフライトを少しでも楽しいものにしてくれるよう願うばかりだ。

From Foreign Policy Magazine

ロビー・グラマー