芦ヶ久保で車両を撮影

写真拡大

東京から近くて春の女子旅におススメな「秩父」への旅をご紹介。

【写真満載】レストラン電車で行く秩父のグルメ旅 フォトギャラリー

今回は、レストラン電車の「52席の至福」に乗車し、優雅にブランチコースを食べながら、目的地の「秩父」まで向かいます。

スマホで楽しい旅をSNSに投稿してみてはいかが?

西武・旅するレストラン「52席の至福」に乗車!!

旅するレストラン「52席の至福」に乗って、秩父まで向かいます。

車両は日本を代表する建築家の隈研吾氏がデザインを担当。

秩父の渓谷などの自然をモチーフにしたデザインと、沿線の伝統工芸品や地産木材を一部に使用しています。

極上のブランチコース

秩父まで3時間かけて向かいますので、ゆっくりお料理を味わいながらお酒や会話を楽しみましょう。

途中に通過する駅のホームやすれ違う電車の乗客が、とてもうらやましそうな視線をおくってきます(笑)

普段はみんなあちら側の人ですが、今日はレストラン電車の乗客です。

今日は非日常感を思いっきり楽しんじゃいましょう〜♪

ブランチコースは、5年連続でミシュラン一つ星を獲得した「Ostu(オストゥ)」の宮根 正人氏が監修。

埼玉県出身の宮根シェフが52席の至福のために考えた料理は、深谷の牛肉を使用したローストビーフやサツマイモのラヴィオリなど、地元埼玉県の食材を使用しています。

お酒も秩父のワインやCOEDOビールなど、埼玉県にこだわったお料理とドリンクのペアリングを楽しめます。

途中の駅で駅員さんからサプライズ!!

電車に乗車中は、車内アナウンスにも注目。

途中の通過駅で、駅員さんたちからのサプライズが!!

芦ヶ久保の道の駅にも立ち寄れる

レストラン電車は、芦ヶ久保の駅で少々停車します。

近くに道の駅があるので、お土産やご当地グルメをチェックしてみましょう。

いちごハウスであま〜いイチゴも食べ放題!!

秩父駅に到着したら、駅前のバス停から「小松沢レジャー農園」まで向かいます。

到着したら、イチゴ狩りの説明を聞いていざハウスへ!!

イチゴはビタミン豊富で美容にもとってもいい果物ですので、いっぱい食べでビタミン補給してくださいね。

イチゴ狩りの他に、そば打ち体験やバーベキュー、川マスのつかみ取りや釣りなど楽しみがいっぱい!!季節によってぶどうやさつま芋、シイタケなどの収穫の楽しめます。

SHOP DATA

【小松沢レジャー農園】

住所:〒368-0072 埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬1408

秩父名物『ホルモン焼き』で美味しいホルモンに舌鼓!

秩父と言えば、「ホルモン焼き」もご当地グルメ1つです。秩父には美味しいホルモンのお店が多く点在しています。中でも人気なのが「だんござか」です。

ホルモンはヘルシーで最近女性の間でも人気。初めての人もきっとヤミツキになる逸品です。

「だんござか」は駅から近いので、電車の時間ギリギリまで楽しく食事ができます。

レバー・ハツ・シロ・タン・ナンコツなど盛り合わせでオーダー。

辛口と中辛のタレを好みで選んで召し上がれ。

SHOP DATA

【だんござか】

住所: 〒368-0042 秩父市東町22-11

TEL:0494-23-8922

4月にオープンの『祭りの湯』で温泉を満喫

取材時はまだオープンしていませんでしたが、西武秩父駅前温泉『祭りの湯』が、4月24日(月)にオープンします。

温泉の他にフードコートやお土産屋さんなど、秩父名物の“祭り”をコンセプトにした複合型温泉施設です。

内風呂は高濃度人口炭酸泉・シルク湯・ジェットバスの他にサウナや岩盤浴があり、露天風呂は、岩風呂・寝ころび湯・花見湯・つぼ湯など、充実した入浴タイムを楽しめます。

ホルモン焼きで煙たくなったあとは、お風呂でリフレッシュしては?

帰りはレッドアロー号でピューッ!!と帰宅

帰りは「レッドアロー号」に乗って東京へ。秩父から池袋まで78分で到着します。

ガッツリ観光というよりも、ほぼ乗物で楽チン移動のゆるゆる旅だから、翌日が仕事でも疲れが残らないのがポイントです。

まとめ

いかがでしたか?

今回午後からの出発でも、これだけたっぷり遊ぶことができます。

美味しいブランチやご当地グルメ、イチゴもたっぷり食べて大満足すること間違いナシ。

4月にオープンする駅前温泉など、更に楽しさいっぱいの『秩父』へ春の女子旅に出かけてみてはいかが?