キム・ユンジン&2PM テギョン出演「時間の上の家」日本&台湾など7ヶ国に先行販売…豊かな魅力に業界の関心集中

写真拡大

キム・ユンジン主演のハウスミステリースリラー「時間の上の家」(監督:イム・デウン) が韓国での公開を控え、日本や台湾、フィリピン、ベトナム、シンガポールなど海外7ヶ国で先行販売された。

本日(24日)、「解氷」「トンネル」「最後まで行く」など、興行性と作品性を併せ持った韓国の作品を輸入・配給した日本New Selectの関係者は「優れた演出、ユニークな題材、多芸多才で年輪のあるキム・ユンジンの演技、2PM テギョンの人気など、映画が持つ豊かな魅力は、幅広い日本の観客から注目を集めることを期待している」とし、映画への好奇心だけでなく、女優キム・ユンジンとテギョンに期待感を示した。

また「LUCK-KEY/ラッキー」「鬼郷」など主に韓国の作品を配給してきた台湾のメジャー配給会社Long Shong Entertainmentの関係者も「展開が興味深く、魅力的だ」と言い、期待を示した。

ベトナムのRed Picturesの関係者は「鳥肌が立つスリラーに魅了された」と輸入した理由を明かした。このように海外での高い関心に支えられ、映画への期待はより一層高まった。

「時間の上の家」は、家の中で発生した夫の死と、息子の失踪を経験した主婦ミヒ(キム・ユンジン) が25年間の収監生活を終えて、再びその家に帰ることから繰り広げられる事件を描くミステリースリラー映画だ。

韓国では4月5日に公開される。