アンカーで起用された山口。慣れないポジションで、本人も自らの出来に満足はしていないが、中盤の底で攻守の舵取り役を完遂してみせた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[W杯アジア最終予選]UAE 0-2 日本/3月23日/UAE・アルアイン

 UAE戦との大一番で、ハリルジャパンは4-3-3のシステムこそ継続したが、中盤の形にマイナーチェンジを施した。

 
 いつもの2ボランチではなく、アンカー+インサイドハーフ2枚の編成を組む。このトライアングルでアンカーを任されたのが、山口蛍だった。
 
「真ん中を空けずに、相手の10番(2トップのマタル)ないし、21番(右サイドハーフのO・アブドゥルラフマン)が中に入ってきた時にマークを見るという役割でした」
 
 与えられたタスクを、山口は無難にこなしてみせる。無失点に抑えたことを考えても、そのパフォーマンスには合格点を与えられるだろう。
 
 だが、本人は納得がいっていない。時間の経過とともに、自身の背後に攻め残る選手がいたため、中盤の底でスタンバイしながら相手のカウンターをケアする働きぶりについては、特に後半は「わりと上手くできたと思う」。それでも、試合全体を通じては、満足には程遠いようだ。
 
「あまりやったことがないので、ちょっと戸惑いはありました。相手のポジションだったり、自分のポジションだったりをすごく気にしてプレーしていたので、すっきりできた感じは、自分の中ではない」
 
 チームとしてオプションがひとつ増えたことについては、「幅が広がったと思います」と手応えを口にする。「だけど……」と続ける山口は「俺はもっと上手くできたかな」と、最後まで反省しきりだ。
 
「守備もそうだし、攻撃もそうだし、もっとできたっていうのは正直ある。いろんなことを考えながらやっていたから、クリアな状態でプレーしていたわけではない」
 
 どこか消化不良だったのだろう。手探りの状態で戦っていたようだが、逆に言えば、自らのポテンシャルを引き伸ばす機会を得たとも言える。
 
 悩みながら、さらなるスケールアップを目指して、山口は一歩ずつ前に進み続ける。

【PHOTO】日本がUAEを撃破! 抜擢起用の川島、今野、久保が活躍とハリル采配が的中!