写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の吉田羊と満島ひかりが、ビートたけし主演のテレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画『破獄』(2017年4月12日 21:00〜)に出演することが24日、わかった。

同作は、吉村昭原作の同名小説をドラマ化。関東大震災で妻と子供を失い、脱獄阻止に命を燃やす人情派看守・浦田進(ビートたけし)と、彼の前に現れる天才的脱獄犯・佐久間清太郎(山田孝之)の闘いを描く。脚本を池端俊策、監督を深川栄洋が務め、今回30年ぶりにドラマ化される。

吉田は今回、ビートたけし演じる浦田の娘・浦田美代子役を演じる他、同作のナレーションも務める。一方満島は、山田演じる佐久間の妻・佐久間光役に。17歳のときに遊郭に売られた貧しい少女だが、佐久間と結婚し、無期刑囚となった佐久間を待ち続ける。

「予てより、たけしさんとお芝居でご一緒できたらいいなと思っていた」という吉田は、「今回、しかも親子役でそれが叶い本当に嬉しかったです」と喜びを表した。吉田はさらに「初共演による空気感が、この父娘の微妙で繊細な関係に重なり不思議としっくりきたのを覚えています」と撮影を振り返る。

同作の見どころについて、吉田は「たけしさんが全身で放たれる孤独、後悔、情熱、慈愛、また山田さんが作り上げた生き写しのような佐久間は見応えという言葉では足りないくらいです」と語った。

(C)テレビ東京