ト・ジハン、新ドラマ「ムグンファの花が咲きました」男性主人公に抜擢

写真拡大

俳優ト・ジハンが、KBS 1TV新連続ドラマの男性主人公に確定した。

「ムグンファの花が咲きました」は、警察という階級組織の中で、弱者中の弱者である女性警官が、迷惑な強者を愉快・爽快・痛快に一発投げ飛ばし、試練を克服して強い精神力の持ち主に生まれ変わる過程を通して、視聴者たちにカタルシス(心の中に溜まっていた情緒が解放され、気持ちが浄化されること) と代理満足を与えるドラマだ。

ト・ジハンは劇中、代々受け継がれる由緒正しい宗家一族の子孫で、警察大学を卒業したエリート警察官となり、不条理で気に入らないことは許されない、理想的な正義主義者チャ・テジンに扮し、お茶の間に現れる予定だ。

先日ト・ジハンは、KBS 2TV「花郎(ファラン)」で端正な容姿、優れた知的能力と強いプライド、負けず嫌いの勝負根性で、貴族の子弟の中で断然際立つ人物バンリュに扮し、冷美男子、バンフォイ(バンリュ+ハリーポッターの登場人物マルフォイを合わせた名)、バンブリー(バンリュ+ラブリー) など、様々なあだ名を得て視聴者から多大な愛を受けた。そして、劇中のパートナーのスヨン(イ・ダイン) との抜群の相性を誇示し、バン・ヨンカップルとして愛され、完璧なキャラクター作りと俳優仲間とのぴったり合った呼吸で、彼が引き受ける次期作に期待を呼び起こした。

「ムグンファの花が咲きました」は、「輝けウンス」の後番組で、韓国で5月からオンエアされる予定である。