乃木坂46『インフルエンサー(初回仕様限定盤 Type-D)』

写真拡大

 乃木坂46が、3月22日にリリースした17thシングル『インフルエンサー』の特典映像として、14thシングル『ハルジオンが咲く頃』以来約1年振りとなる“個人PV”を収録している。

(関連:乃木坂46運営・今野義雄氏が語る、グループの“安定”と“課題” 「2016年は激動の年になる」

 今回は初参加となる3期生を含めた、45名分の個人PVを収録。今回も錚々たる監督陣が各自の個人PVを手がけたほか、期間限定で西野七瀬・伊藤万理華・齋藤飛鳥の映像がフルサイズで公開されたことや、伊藤万理華の個人PVが5thシングル『君の名は希望』の特典映像で話題沸騰した「まりっか’17」以来、約4年振りに福島真希氏が担当し、「まりっか’17」の続編となる「伊藤まりかっと。」が制作されたことで話題を呼んだ。

 メンバーの新たな魅力を引き出すとともに、新進気鋭の作家を発掘する機能も果たしている乃木坂46の個人PV。リアルサウンドで乃木坂46系の記事を多数執筆し、『MdN EXTRA Vol.3 乃木坂46 映像の世界』では個人PVの分析を担当、『「アイドル」の読み方: 混乱する「語り」を問う(青弓社ライブラリー)』の著者でもある香月孝史氏は、同プロジェクトの特徴についてこう語る。

「アイドルのCDに特典DVDがつくのはスタンダードですが、その内容はMVやライブ映像、ドキュメンタリーなどであることが一般的です。ただ、乃木坂46はシングルCDの特典映像に、そのシングルに参加しているメンバー全員分のオリジナルPVを制作し収録しています。毎回30本以上にもなるそれらの作品群は、原則としてすべて別々のクリエイターが監督を務めていますが、作品のスタイルや方向性は各監督にゆだねられているため、担当するメンバーへのアプローチも作品ごとに大きく異なります。アイドルとしてのパーソナリティを前提にして撮影するものもあれば、フィクションとして1人の少女のドラマを撮る作品もあったりと各クリエイターの世界観が投影され、アイドルのプロモーション映像というだけでない、幅広い作風のショートフィルムの見本市のようになっているのが特徴ですね」

 また、個人PVを収録し続ける意義についてはこう続ける。

「個人PVは、初期から演技にこだわってきた乃木坂46の活動の一貫として、さまざまなスタイルの演技を行なう場としても機能しました。初期には堤幸彦氏や三木聡氏、関和亮氏など著名なクリエイターも名を連ねていましたが、年月が重なるにつれて特に目を引くのは、柳沢翔氏や湯浅弘章氏、山岸聖太氏、中村太洸氏、伊藤衆人氏など、若いクリエイターが才能を発揮する場として個人PVが機能していることです。そうして力を蓄えた監督たちは、その後乃木坂46のMVの監督として起用され、グループのビジュアルイメージを補強することにも成功しています。乃木坂46が映像面で高いクリエイティビティを発揮するグループとしての認知を広げた理由として、この個人PVはなくてはならない存在でしたし、その制作のスタンスが後発グループ・欅坂46にも活きているのは間違いないでしょう」

 さらに、個人PVをきっかけにメンバーの意外な一面や、新たな才能を発見することもあるという。

「個人PVで頭角を現したメンバーの筆頭は伊藤万理華さん。柳沢翔氏の監督作『ナイフ』では演者としての才能を開花させ、選抜やフロントのメンバーではない段階にもかかわらず、ファンからも一目置かれる存在になりました。また、福島真希氏が手がけた『まりっか’17』は、乃木坂46ファン以外にも広く波及しました。ほかにも、2期生の堀未央奈さんは、センターに抜擢された7thシングルに収録された柳沢氏の『milk』で存在感を発揮し、山岸聖太氏が監督した『ゆるす!』(10thシングル収録)では、シュールな作風に堀さんのキャラクターがマッチして、彼女の適性が引き出されています」

 最新作である『インフルエンサー』の個人PVにも、注目すべき作品がいくつも存在すると香月氏は語る。

「まずは何といっても伊藤万理華さんです。福島真希氏と組んだ『まりっか’17』に続く新作『伊藤まりかっと。』は、個人PVにおけるオリジナルソングものの新たな傑作と言えるでしょう。また、ドラマ作品に定評のある湯浅弘章氏の手がけた秋元真夏さんの『水槽の中』は、公式YouTubeにアップされる予告をドラマの前編として使用し、DVDではその続きを収録するという、予告映像を効果的に活用した手法を用いています。山岸聖太氏の監督した井上小百合さんの『春の棒、暴れるきみは盆踊りの季節を待つ。』は、山岸さんが近年手がけている個人PVに共通する風景が登場することもあり、山岸氏が撮ってきた一連のドラマを、同じ敷地内で起きている群像劇のように解釈することもできます」

 続けて、今回初参加となる3期生の個人PVからも、オススメをピックアップしてもらった。

「3期生の中でも秀逸な作りだと思ったのは、山田篤宏氏が監督した山下美月さんの『山下美月の二重奏』ですね。こちらも公式YouTubeの予告を上手く駆使して、付属DVD収録の本編と重ねることでドラマの複数の層を楽しむことができます。また、個人PVがグループの特色として定着したからこその観点で作られているのが、頃安祐良氏による久保史織里さんの『個人PVについて私が知っている五、六の事柄』や、真壁幸紀氏と飯塚貴士氏が手がけた梅澤美波さんの『はじめての個人PVを見る日』です。個人PVをメタ的に捉えるような視点も入っていて、個人PVになじんだファンにとっては新たな刺激になるでしょう」

 最後に、この個人PVが乃木坂46にもたらすものについて、香月氏はこう語る。

「MVなどを含めて乃木坂46の映像作品に厚みがあるのは、このような積み重ねの成果でもあると思います。柳沢翔氏が監督を務めた16thシングル表題曲『サヨナラの意味』のMVは、スタッフィングも含めて、個人PVを含めたこれまでの映像コンテンツの集大成といえる作品でした。デビュー以来のこの蓄積があってこその細やかさや厚みは、一朝一夕に生み出すことのできないものです。今後の乃木坂46についても、このようにして作り上げた引き出しの豊富さがあれば、映像周りのクリエイションは揺るがないでしょう」

 アイドル界で揺るぎない立場を築き、そのうえでクリエイティブも充実期を迎えている乃木坂46。その裏側にはしっかりとした基盤が作られていたことを、この個人PVは証明している。(中村拓海)