土俵内容が充実しているわけは?(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 荒れる春場所と言われるとおり、新横綱・稀勢の里のお披露目となった大阪場所は、モンゴル3横綱に序盤から相次いで土がつくなど、ガチンコ力士たちの勢いが増している。2日目から4連敗を喫して休場した大関・豪栄道にしても、高安(関脇)、正代(小結)、貴ノ岩(前頭2)、豪風(前頭1)といずれもガチンコ勢に不覚を取った。

「連日の満員御礼に沸く春場所では、地方場所として史上最多となる1900本超の懸賞がかけられた。懸賞金1本につきスポンサーが6万2000円を出し、事務経費や預り金を除いた3万円が勝った力士に現金で渡される。懸賞が多いとやる気が出るのは誰しもだが、同郷、同窓などの先輩後輩関係にも気兼ねしないガチンコ力士ほど、いつも以上に力が入っている」(協会関係者)

 その意味では、ガチンコ力士たちの最大の“標的”は稀勢の里だった。

「初日を例に取ると、結びの一番の白鵬対正代の取組への懸賞20本に対し、結びの3番前だった稀勢の里の一番は35本です。勝ちっ放しの稀勢の里が10日目までに獲得した懸賞は310本。2位の照ノ富士(大関)の77本に大差をつけました」(若手親方の一人)

 だからこそ、稀勢の里vsガチンコ力士の取組は熱戦続きとなった。5日目の勢との一番は土俵際で粘りに粘られた末に寄り切った。中日の松鳳山戦も、もろ差しを許して一時は土俵際に追い詰められ館内に悲鳴があがった。

 そうしたガチンコ平幕の挑戦を稀勢の里は退け続けた。所属する田子ノ浦部屋の弟分も存在感を増す。

「弟分・高安も中日で勝ち越しを決めた。同部屋の力士が揃って8連勝で給金となるのは43年ぶりのこと。田子ノ浦部屋はガチンコを貫く“変人部屋”ですが、横綱が生まれて少しは周囲と合わせるかと思ったら、そんな様子は全くない。普通、どの部屋も場所が始まったら稽古は調整がメインですが、田子ノ浦部屋は今場所も毎朝、激しい稽古を休んでいない。もちろん、充実した稽古があるからガチンコ全盛場所を勝ち抜いているのでしょう。部屋の幕下以下の5力士のうち、3人が11日目までに勝ち越しを決めた」(後援会関係者)

 稀勢の里自身、“標的”となっている自覚はあるだろう。その自覚が充実した土俵内容につながっている。

※週刊ポスト2017年4月7日号