「WIFI接続望遠鏡アダプタ」

スリーアールソリューション株式会社は24日、望遠鏡の映像を手元のスマーフォンやタブレットで見れる「WIFI接続望遠鏡アダプタ」を、3月28日に発売開始すると発表した。価格は4万9800円(税別)。

 

本製品は、望遠鏡やフィールドスコープに取り付けて、Wi-Fi接続によってスマートフォンやタブレットに映像を送信するアダプタ。天体観測やバードウォッチングでは、望遠鏡に取り付いて一人しか映像を楽しめなかったが、本製品を使えば、望遠鏡のそばのテントなどで、複数人数で映像を楽しむこともできる。

 

製品の本体サイズはW88×D104×H87mm、重量は約300g。様々な望遠鏡に対応したアタッチメントも付属される。カメラは1/4CMOS(約500万画素)、静止画解像度は2592×1944/1920×1080/1600×1200/1280×960/1280×720/1024×768/800×600/640×480、動画解像度は1920×1080(15fps)/1280×960(30fps)/1280×720(30fps)/1024×768(30fps)/800×600(30fps)/640×480(30fps)、連続使用時間は約8時間。

スリーアールソリューション株式会社

価格:4万9800円(税別)

URL:http://www.3rrr.co.jp/

2017/03/24